[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

WBC「A組」稀に見る大混戦 イタリアがオランダ戦勝利で全チーム2勝2敗…順位どうなる?

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は12日、1次ラウンドプールA(台湾・台中インターコンチネンタル)でキューバが7-1でチャイニーズ・タイペイ(台湾)に勝利。これで日本時間20時開始のイタリア―オランダ戦でイタリアが勝利すれば、全5チームが2勝2敗で1次ラウンドを終える大混戦となっている。

キューバのアルフレド・デスパイネ【写真:Getty Images】
キューバのアルフレド・デスパイネ【写真:Getty Images】

キューバが台湾下して混迷

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は12日、1次ラウンドプールA(台湾・台中インターコンチネンタル)でキューバが7-1でチャイニーズ・タイペイ(台湾)に勝利。これで日本時間20時開始のイタリア―オランダ戦でイタリアが勝利すれば、全5チームが2勝2敗で1次ラウンドを終える大混戦となっている。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

 2連敗スタートだったキューバだが、台湾戦では初回にデスパイネの2点二塁打とアルエバルエナの2ラン本塁打で4点を先制。投手陣も好投して実力を見せつけた。これで台湾、キューバ、パナマが2勝2敗で並び、プールAの残る試合はこの後に行われるイタリア―オランダ戦を残すのみとなった。

 仮にイタリアがオランダを下せば、全5チームが2勝2敗で1次ラウンドを終えるという珍しい事態に。この場合、(1)失点率(2)防御率(3)打率(4)抽選の順に優先されて順位が決まる。上位2チームが準々決勝進出を果たす。

 プールBの日本はすでに準々決勝進出が決まっており、16日に東京ドームでプールAの勝ち上がりチームと対戦する。

 なお、この時点で台湾はキューバ、パナマを失点率で下回ることが確定。イタリア―オランダ戦の結果を待たずして3位以下が決まり、1次ラウンド敗退となった。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集