[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

チェコ代表が“1球で奪三振”の珍事 投手が49球で続々降板、WBCルールが招いた理由とは

「カーネクスト 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC 東京プール」1次ラウンド(東京D)で10日、チェコ共和国の投手が1球で奪三振を記録する珍プレーがあった。予選を勝ち抜きWBC初出場を果たしたチェコはこの日の本大会初戦で中国と対戦し、8-5で劇的な逆転勝ちを収めた。11日には日本と対戦する。

チェコは2番手マルティン・シュナイダーから3番手のミハル・コバラに継投した【写真:Getty Images】
チェコは2番手マルティン・シュナイダーから3番手のミハル・コバラに継投した【写真:Getty Images】

「カーネクスト 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC 東京プール」1次ラウンド

「カーネクスト 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC 東京プール」1次ラウンド(東京D)で10日、チェコ共和国の投手が1球で奪三振を記録する珍プレーがあった。予選を勝ち抜きWBC初出場を果たしたチェコはこの日の本大会初戦で中国と対戦し、8-5で劇的な逆転勝ちを収めた。11日には日本と対戦する。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

 チェコが4-1とリードして迎えた6回の守備。2死一塁の場面で中国の4番チェン・チェン内野手をカウント1-2と追い込んだところで、5回から登板していた2番手のマルティン・シュナイダー投手から3番手のミハル・コバラ投手に継投。弱冠19歳のコバラは自身にとって初球の130キロのストレートで、チェン・チェンを空振り三振に仕留め、飛び跳ねるようにしてベンチへと凱旋した。野球規則では、打席の途中で投手が交代して三振に仕留めた場合、救援した投手の記録となると定められている。

 故障が発生したわけではない。シュナイダーの投球数が49球に達したことが、継投の理由だ。WBCのルールでは、1次ラウンドでは投手は65球まで(打者の打席中に達した場合は、その打席が完了するまで)投げることができるが、50球以上投げた場合は次の登板まで中4日、30球以上を投げた場合は中1日のインターバルを空けなくてはならない。日本のように優秀な先発投手が4人以上そろっているならともかく、そうでない場合、いい投手には長いイニングよりも、短い間隔で数多くの試合を投げさせたいと考えるチームが多いようだ。

 チェコは先発のダニエル・パディサク投手も、4回ノーヒット2四球無失点の快投を演じながら、49球で降板した。相手の中国も、先発チャオ・フヤン投手の乱調を受けて、初回1死満塁で登板した2番手チェン・チャオクン投手が2回1/3、49球2安打1失点。3番手のアラン・カーター投手も3回46球1安打1失点で、50球を超えることを避けた。チェコのパベル・ハジム監督は「投球数が非常に大きな影響をもたらす大会ですから、今日の勝因の1つは先発のパディサクが初回を13球、2回も13球で切り抜けられたことだと思う」とイニングを稼いだ先発投手を称えた。

 チェコは7回に試合をひっくり返されたものの、1点ビハインドの9回1死二、三塁でマルティン・ムジーク外野手が左翼ポール際へ劇的な逆転3ラン。最終的に8-5で歴史的な1勝目を挙げた。11日には日本と対戦する。ハジム監督は「最初の目標は達成したが、この1次ラウンドで成功を重ねていきたい。無敵の日本との対戦を楽しみにしている」と言う。巧みな継投術と劇的勝利で得た勢いを、侮ってはならない。

(宮脇 広久 / Hirohisa Miyawaki)


W-ANS

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集