[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

韓国、痛恨の失態に母国記者嘆き 大喜び→アウトに「これが韓国だ」「試合が台無し」

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は9日、日本と同じプールB(東京)の韓国―オーストラリア戦が行われた。韓国は1点を追いかける4-5の7回1死走者なしで痛い凡ミス。二塁打を放ったカン・ベクホが塁上でガッツポーズ中にタッチアウトとなった。米メディアは決定的瞬間の動画を公開。韓国出身の記者は「今まで見たことがない。しかし、おそらくこれが韓国なのだろう」と伝えた。

7回に二塁打を放ったカン・ベクホ【写真:Getty Images】
7回に二塁打を放ったカン・ベクホ【写真:Getty Images】

「カーネクスト 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC 東京プール」1次ラウンド

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は9日、日本と同じプールB(東京)の韓国―オーストラリア戦が行われた。韓国は1点を追いかける4-5の7回1死走者なしで痛い凡ミス。二塁打を放ったカン・ベクホが塁上でガッツポーズ中にタッチアウトとなった。米メディアは決定的瞬間の動画を公開。韓国出身の記者は「今まで見たことがない。しかし、おそらくこれが韓国なのだろう」と伝えた。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

 痛恨の失態だった。互いに本塁打攻勢で迎えた4-5の7回1死走者なし。代打カン・ベクホが二塁打を放ち、スライディングした。立ち上がりながらベンチに向かってガッツポーズ。しかし、ベースから足が離れた瞬間にタッチされた。最初はセーフの判定だったが、リプレー検証の末にアウトに。息詰まる攻防の中で悲劇が生まれ、カン・ベクホは納得のいかない表情を浮かべた。

 海外メディアはツイッターで続々と反応した。米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のMLB専門アカウントは動画を公開。米紙「ロサンゼルス・タイムズ」のパク・ジェオン記者のは「二塁上で拳を突き上げて祝福していたためにアウトになった男は、今まで見たことがない。しかし、おそらくこれが韓国なのだろう」と嘆き節だった。

 米スポーツ専門局「ESPN」のイ・ジューン記者は「韓国が試合を台無しにするのを見ている時の気持ち」と呆れ気味だった。8回にも3ランを許し、4-8とリードを広げられた。

(THE ANSWER編集部)


国際女性ウィーク

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAMLB
Lemino
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集