[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

美しさと強さが共存した“砂時計ボディ” ビキニから転向2年目、大谷美咲が涙の連覇

今月行われた日本ボディビル・フィットネス連盟(JBBF)主催の「オールジャパンフィットネスチャンピオンシップス」。ボディフィットネス158センチ以下級では大谷美咲が連覇を達成。その後のオーバーオール(無差別級)でも頂点に立ち、表彰式では涙を見せた。マスターズ大会でも同35~44歳160センチ以下級とオーバーオールを制した35歳。ビキニフィットネスから転向2年目、優勝後の心境を聞いた。

ボディフィットネス158センチ以下級、連覇を達成した大谷美咲【写真:中戸川知世】
ボディフィットネス158センチ以下級、連覇を達成した大谷美咲【写真:中戸川知世】

オールジャパンフィットネスチャンピオンシップス

 今月行われた日本ボディビル・フィットネス連盟(JBBF)主催の「オールジャパンフィットネスチャンピオンシップス」。ボディフィットネス158センチ以下級では大谷美咲が連覇を達成。その後のオーバーオール(無差別級)でも頂点に立ち、表彰式では涙を見せた。マスターズ大会でも同35~44歳160センチ以下級とオーバーオールを制した35歳。ビキニフィットネスから転向2年目、優勝後の心境を聞いた。

 ◇ ◇ ◇

――美しさも強さも求められる競技。優勝した今の気持ちを聞かせてください。

「周りの選手を見て、レベルアップの凄さに圧倒されていました。自分も成長していると言い聞かせていますが、(周りの)人の成長は大きく見えます。あまり追われる立場になったことがないので、かなりプレッシャーになりました」

――中学3年間はバレーボール部。その後、特にスポーツに打ち込んだわけではないとのことですが、鍛え始めたのは。

「ちょうど5年前です。何か打ち込めることがあったらいいなと感じていた頃が、たまたま30歳になる節目の時でした。競技は知らずトレーニングを始めたのですが、一度大会を見に行って楽しそうだったので、やってみようと」

――連覇を果たしましたが、今後まだ大会が残っています。

「グラチャンが残っているので何とも言えない心境です。今年の目標は世界選手権。クオリファイの大会で成績が残せたので、狙っていた結果は取れたと思います」

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集