[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

19歳四十住さくら、金メダルに歓喜の涙「めちゃ嬉しい」「後悔ないくらい練習してきたので」

東京五輪の新競技、スケートボード・女子パーク決勝が4日に行われ、19歳四十住(よそずみ)さくらが60.09点で金メダル。夏季五輪史上最年少日本代表の12歳開心那(ひらき・ここな)が58.05点で銀。15歳岡本碧優(みすぐ)は53.58点で4位。母親が日本人の13歳スカイ・ブラウン(英国)が56.47点で銅メダルだった。四十住は涙で「めちゃ嬉しいです」と振り返った。

スケートボード・女子パークで金メダルを獲得した四十住さくら【写真:Getty Images】
スケートボード・女子パークで金メダルを獲得した四十住さくら【写真:Getty Images】

スケートボード・女子パーク決勝

 東京五輪の新競技、スケートボード・女子パーク決勝が4日に行われ、19歳四十住(よそずみ)さくらが60.09点で金メダル。夏季五輪史上最年少日本代表の12歳開心那(ひらき・ここな)が58.05点で銀。15歳岡本碧優(みすぐ)は53.58点で4位。母親が日本人の13歳スカイ・ブラウン(英国)が56.47点で銅メダルだった。四十住は涙で「めちゃ嬉しいです」と振り返った。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 予選で4位だった四十住は1本目に60.09点をマーク。他を寄せ付けなかった。12歳の開も1本目に会心の滑りで58.05点をたたき出し、四十住には及ばずも銀メダル。予選1位の岡本は惜しくも表彰台を逃した。

 スケボーでは女子ストリートで13歳の西矢椛(もみじ)が金メダル。16歳の中山楓奈が銅メダルだった。

 西矢は92年バルセロナ大会、競泳女子200メートル平泳ぎの岩崎恭子さん(14歳6日)の記録を塗り替え、日本史上最年少メダリストとなっていたが、この日12歳の開が更新した。

 金メダル確定後のインタビューで四十住は「1本目ノーミスですべって、2、3本目で失敗しちゃったので、全力はだしきれなかったですが、金メダルで良かった」と振り返った後、「めちゃうれしいです」と涙した。さらに「後悔ないくらい練習してきたので、それが結果につながった。日本もアジアも世界も全部、オリンピックでも初代で優勝できて嬉しいです。まずは(喜びを)家族に届けたい」と喜びを口にした。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集