[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

トランスジェンダーのNZ選手がメダル逃す 女子重量挙げ43歳ハバードは記録なし

東京五輪は2日、女子重量挙げの87キロ超級が行われ、世界ランキング7位の43歳ローレル・ハバード(ニュージーランド)はスナッチを3回ともに失敗。記録なしに終わった。ハバードは男性として生まれ、2013年に性自認が女性であると公表。性別変更したトランスジェンダー選手が出場するのは、五輪史上初だった。

スナッチを3回ともに失敗し、記録なしに終わったローレル・ハバード【写真:AP】
スナッチを3回ともに失敗し、記録なしに終わったローレル・ハバード【写真:AP】

東京五輪・女子重量挙げ87キロ超級

 東京五輪は2日、女子重量挙げの87キロ超級が行われ、世界ランキング7位の43歳ローレル・ハバード(ニュージーランド)はスナッチを3回ともに失敗。記録なしに終わった。ハバードは男性として生まれ、2013年に性自認が女性であると公表。性別変更したトランスジェンダー選手が出場するのは、五輪史上初だった。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 ハバードはスナッチで1回目の120キロ、2回目の125キロに失敗。3度目でも125キロを上げることができず、ジャークに臨む前に記録なしに終わった。競技後は笑顔で、手を振って会場を後にした。

 海外メディアによると、男性として生まれたハバードは20代でニュージーランドのジュニア記録を樹立するなど男子105キロ超級で活躍。その後、性同一性障害の診断を受けてホルモン治療を開始し、性別適合手術も受けたとされている。17、19年には女性として世界選手権に出場。20年にはイタリアで開催されたワールドカップで、女子87キロ超級の金メダルを獲得した。

 今年6月、国際重量挙げ連盟(IWF)が発表した世界ランキングでハバードは7位となり、男女各階級の世界8位以上とそれ以外の大陸1位などが得る東京五輪の出場権を獲得していた。

 国際オリンピック委員会(IOC)は2015年、男性ホルモンのテストステロンの値が12か月間に渡り、一定以下であればトランスジェンダーの選手が女子の競技に参加することを認めるとするガイドラインを策定。性別の変更を公表した選手が五輪に出場するのは、ハバードが史上初めてのことだった。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集