[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

各国代表団から日本に届く「ありがとう」 選手村の日本語垂れ幕に「豪州好きになった」

23日に開幕し、熱戦が繰り広げている東京五輪。ホスト国として受け入れる日本に対し、さまざまな「ありがとう」が届いている。オーストラリア選手団は、選手村のベランダから日本語の垂れ幕を掲出し、話題となった。

オーストラリア代表が入るマンションの垂れ幕が話題【写真:AP】
オーストラリア代表が入るマンションの垂れ幕が話題【写真:AP】

ホスト国として尽力している日本に各国から感謝のメッセージ

 23日に開幕し、熱戦が繰り広げている東京五輪。ホスト国として受け入れる日本に対し、さまざまな「ありがとう」が届いている。オーストラリア選手団は、選手村のベランダから日本語の垂れ幕を掲出し、話題となった。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 各国の選手から「ありがとう」が届いている。オーストラリアは選手村のベランダから2本の垂れ幕を掲出。うち1本には「心より感謝いたします」と日本語で感謝のメッセージが記している。同国の代表公式ツイッターが投稿した写真には「豪州好きになった」「このような側面にも脚光を当ててほしい」「こちらこそありがとう」などと日本人ファンから感激の声が相次いだ。

 ニュージーランド代表は選手村宿舎の外の人工芝に「ありがとう日本 ニュージーランド代表選手団より」とメッセージを記している。フェンシングの五輪メダリスト・太田雄貴さんは「Twitterで見かけたので、朝見に行ってきました。やっぱり嬉しい気持ちになりました。温かい言葉はいいですね。ニュージーランドの皆さん、こちらこそありがとうございます」とツイートし、紹介した。

 また、日本のボランティアに感謝を示す選手もいる。カヌー女子スラロームで金メダルを獲得したジェシカ・フォックス(オーストラリア)はTikTokを更新し、大会ボランティアが「WELCOME」のボードを作って振るシーンの動画をアップ。「日本のボランティアはただただ最高。Arigato」と感謝を示し、海外ファンからも「なんて素敵な歓迎なの」などの声が上がっていた。

 コロナ禍により、難しい運営が求められる中で競技が実施されている今大会。ホスト国として行っている日本の尽力は、各国代表からも感謝をもって受け入れられているようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集