[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

海外選手の胃袋を掴んでいる選手村の食堂 全容公開した南米選手に「これ全て無料?」

23日に開幕した東京五輪は各競技で熱戦が繰り広げられているが、海外選手たちは滞在する選手村の食事を多くSNSで紹介している。特に、アルゼンチンのバスケットボール選手が投稿した“レストランツアー”の動画は「これは素晴らしい」「全て無料なの?」などと話題となった。

選手たちは選手村でどんな食事を取っている?【写真:Getty Images】
選手たちは選手村でどんな食事を取っている?【写真:Getty Images】

外出制限がある中、ほっとひと息つける選手村食堂

 23日に開幕した東京五輪は各競技で熱戦が繰り広げられているが、海外選手たちは滞在する選手村の食事を多くSNSで紹介している。特に、アルゼンチンのバスケットボール選手が投稿した“レストランツアー”の動画は「これは素晴らしい」「全て無料なの?」などと話題となった。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 普段はどんな場所でどんな食事を取っているのか。ファンが気になる選手村の食事を多くの海外選手が続々レポートしている。バスケットボールのアルゼンチン代表、フランシスコ・カファロ。自身のTikTokで「食堂ツアー」「2階は2倍の広さだ」「毎日色んな種類の食事を楽しめる」などと実況付きで“レストランツアー”を投稿した。

 かなり広さのある選手村のレストランの全容から、豊富な種類のフルーツやパンが置かれているコーナー。さらにピザ、パスタコーナー、「ワールド」「アジア」「日本」などと細分化されたエリアのほか、「グルテンフリー」「ベジタリアン」などのコーナーもあり、多様な食文化にも対応されている。なかなか見られない光景に「これは全て無料なの?」「これは素晴らしい」「俺も行ってみたい」とファンの関心を引いた。

 ほかにも、7人制ラグビーの女子米国代表イローナ・マーは餃子がお気に入りの様子で「世界で一番おいしい餃子は、オリンピック選手村にある」と食事シーンをアップした。フェンシングのドイツ代表ベネディクト・ワーグナーは“素ラーメン”に人参、コーン、卵などをトッピングし、「選手村で一番旨いラーメンを作るよ」と意気込み、自己流のアレンジを紹介した。

 選手村のレストランは24時間営業、全て無料となっており、海外選手が食事の様子を続々とアップ。感染対策により外出制限もある中、食事のひとときは、ほっとひと息つける時間になっているようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集