[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なでしこ、優勝候補に1-3で敗退 涙の岩渕「結果が全て」高倉監督「追う重圧あった」

東京五輪・女子サッカーは準々決勝が行われ、世界ランク10位の日本が同5位のスウェーデンに1-3で敗れた。優勝候補相手に1-1で前半を折り返すも、後半はPKなどで失点。メダルを逃した。

スウェーデンに敗れ、肩を落とすなでしこジャパン【写真:Getty Images】
スウェーデンに敗れ、肩を落とすなでしこジャパン【写真:Getty Images】

東京五輪・女子サッカー準々決勝

 東京五輪・女子サッカーは準々決勝が行われ、世界ランク10位の日本が同5位のスウェーデンに1-3で敗れた。優勝候補相手に1-1で前半を折り返すも、後半はPKなどで失点。メダルを逃した。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 日本は前半7分、エリクソンのヘディングシュートで失点。それでも23分に長谷川のクロスから田中が得点。同点で後半を迎えたが、8分にブラックステニウスに決められて勝ち越しを許すと、23分にはPKで失点。1-3とリードを広げられた。

 強豪相手に力負け。試合後、テレビインタビューに臨んだ高倉麻子監督は「力のあるチームとの一発勝負。相手が良いチームだったので及びませんでした」と振り返った。

 勝敗を分けた部分については「なかなかここで答えを出すのは難しいけど、負けた事実はあるので、自分たちの武器以上の何かを持たないといけない」とコメント。「女子サッカー自体が凄い速度で進化を遂げている中で、私たちも積み上げていこうと選手は日々努力した。レベルアップをしているけど、それ以上に世界の進化がある。選手たちは精一杯戦ってくれた。世界一のチームを追いかける重圧があった。闘志が前面に出るチームではなかったかもしれないけど、選手たちは心に炎を灯してくれた」と選手を労った。

 また、エースの岩渕真奈は「内容どうこうより結果が全て。残念ですけど、やれることはやったと思う」とコメント。涙を目に浮かべながら「世界と勝負する、勝つという部分では、全員が貪欲に、上を目指してやることを求めないと勝てない。サッカーの発展していく上で代表は強くないといけない。各個人がこの悔しさを次につなげられるようにしていきたい」とも語った。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集