[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

素根輝が涙の金メダル! 難敵攻め続け反則勝ち「感謝でいっぱい」「先に攻めようと」

 東京五輪は30日、柔道女子78キロ超級決勝が行われ、素根輝(パーク24)がイダリス・オルティス(キューバ)に延長の末に反則勝ち。3大会連続でメダルを獲得している強敵を下し、五輪初出場で金メダルを獲得した。この階級では、日本勢としては4大会ぶりの金メダル。インタビューでは涙を流し「先に攻めようと思って、絶対に負けない気持ちで臨みました」と振り返った。

柔道女子78キロ超級で金メダルを獲得し、涙を流す素根輝【写真:AP】
柔道女子78キロ超級で金メダルを獲得し、涙を流す素根輝【写真:AP】

東京五輪・柔道女子78キロ超級

 東京五輪は30日、柔道女子78キロ超級決勝が行われ、素根輝(パーク24)がイダリス・オルティス(キューバ)に延長の末に反則勝ち。3大会連続でメダルを獲得している強敵を下し、五輪初出場で金メダルを獲得した。この階級では、日本勢としては4大会ぶりの金メダル。インタビューでは涙を流し「先に攻めようと思って、絶対に負けない気持ちで臨みました」と振り返った。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 試合は本戦4分間で決着はつかず。延長3分目前のところでオルティスに2つ目の指導が入る。素根は攻めの姿勢を貫き、相手は技が出ない。延長5分になろうかというところで、オルティスに3つ目の指導が入り、反則勝ちで金メダルとなった。

 試合後、テレビインタビューに臨んだ素根。涙で声を震わせながら「コロナ禍の中で、オリンピックが開催されて感謝の気持ちでいっぱいです」とまずは感謝を口にした。

 この階級では04年アテネ大会の塚田真希以来、4大会ぶりの金メダル。決勝は強敵相手に攻め続けた。「先に攻めようと思って、絶対に負けない気持ちで臨みました」「この大会のために練習を頑張ってきた。それがこの大会で出せてよかったです」と感無量の様子だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集