[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大野将平、死闘制し五輪2連覇「リオを終えて苦しくて、辛い日々を凝縮したような1日」

東京五輪は26日、柔道男子73キロ級の決勝が日本武道館で行われ、大野将平(旭化成)がラシャ・シャフダトゥアシビリ(ジョージア)に勝利。2016年リオデジャネイロ五輪に続く、2連覇を成し遂げた。五輪2連覇は斉藤仁、野村忠宏(3連覇)、内柴正人に続き、男子史上4人目の快挙。

2連覇を成し遂げた大野将平【写真:AP】
2連覇を成し遂げた大野将平【写真:AP】

柔道男子73キロ級決勝

 東京五輪は26日、柔道男子73キロ級の決勝が日本武道館で行われ、大野将平(旭化成)がラシャ・シャフダトゥアシビリ(ジョージア)に勝利。2016年リオデジャネイロ五輪に続く、2連覇を成し遂げた。五輪2連覇は斉藤仁、野村忠宏(3連覇)、内柴正人に続き、男子史上4人目の快挙。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 日本のエースが頂点に上り詰めた。シャフダトゥアシビリとの決勝はゴールデンスコア方式の延長に突入。両者死力を尽くし、延長も5分過ぎ、大野が技ありを奪い死闘に決着をつけた。2大会連続の金メダル。感情は表に出さない。畳を降りると、ようやく笑みをこぼした。

 2回戦から登場した大野。初戦はアレクサンドル・ライク(ルーマニア)に豪快な内股で一本勝ち。3回戦ではビラル・チログル(トルコ)に横四方固めで一本勝ち。準々決勝はルスタム・オルジョフ(アゼルバイジャン)に技あり2つで合わせ一本勝ち。準決勝ではツォグドバータル・ツェンドオチル(モンゴル)に延長の末、技ありを奪い決勝へ駒を進めた。

 29歳の大野は山口県生まれ。中学で上京し柔道私塾「講道学舎」に入門。天理大で頭角を現し、4年時には世界選手権初優勝。16年のリオ五輪で日本男子柔道に2大会ぶりの金メダルをもたらした。19年8月の世界柔道選手権では6試合オール一本勝ちで、3度目の優勝。今年3月のグランドスラム・タシケント大会を左脚の怪我で回避。今大会は20年2月のグランドスラム・デュッセルドルフ大会以来、約1年半ぶりの実戦だった。

 今大会の全階級の中で、唯一2連覇の資格を持っていた。世界的にも強豪が揃う階級で絶対王者が強さを見せつけた。

 試合後のテレビインタビューでは「リオを終えて、苦しくて、辛い日々を凝縮したようなそんな1日の戦いでした」とかみしめるように話した。さらに勝利後に武道館の天井を見上げていたことを問われると、「私も29歳となって、ベテランと呼ばれるところまできた。武道の聖地日本武道館で試合をできることも少なくなってきていると理解している。そんな思いで天井見ました」と明かした。

 また「自分の中で本当に悲観的な思いしかなくて、不安で一杯の日々を昨年から過ごしていた。この一日で報われたとはおもわない。柔道人生は続いていく」とも語った。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集