[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

金属バットへし折った上野由岐子、ファンの衝撃消えず「球威凄すぎ」「以前も折った」

東京五輪のソフトボールは27日、横浜スタジアムで日本―米国の決勝戦が行われる。39歳の上野由岐子投手が予選リーグで力投を見せたが、米誌「タイム」で映像プロデューサーを務めるアリア・チェン氏は25日のカナダ戦で金属バットをへし折った場面に注目。SNS上の日本のファンからは「以前も折ってます!」「球威凄すぎ」と驚きの声が上がっている。

ソフトボール日本代表の上野由岐子【写真:AP】
ソフトボール日本代表の上野由岐子【写真:AP】

25日のカナダ戦の投球が話題に

 東京五輪のソフトボールは27日、横浜スタジアムで日本―米国の決勝戦が行われる。39歳の上野由岐子投手が予選リーグで力投を見せたが、米誌「タイム」で映像プロデューサーを務めるアリア・チェン氏は25日のカナダ戦で金属バットをへし折った場面に注目。SNS上の日本のファンからは「以前も折ってます!」「球威凄すぎ」と驚きの声が上がっている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 剛速球は健在だ。カナダ戦の2回1死一塁、上野が速球を投げ込んだ。相手打者がスイングしたが、ボールが根元に当たった金属バットは、なんとグニャリと曲がった。打球は投直で一塁に送球し、併殺打になった。

 これにチェン氏も自身のツイッターで反応。「日本の投手、ユキコ・ウエノが剛速球を投げ込み、カナダの打者の金属バットは2つに割れた」と驚きをつづった。ツイッターでは日本人ファンからも「恐るべし」「バット折れるってどんな球威」と驚きの声が上がっていたが、反響はさらに拡大。「金属バット粉砕って何」「マジでレジェンド」「上野さんの球威凄すぎるよな」「以前もバット折ってます! すごいんです!」などと投稿が溢れていた。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集