[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

13歳西矢椛、岩崎恭子超え最年少金メダル「最新記録が嬉しい」 競技中は終始笑顔

東京五輪の新競技、スケートボード・女子ストリート決勝が26日に行われ、13歳の西矢椛が合計15.26点を獲得して金メダルを獲得。92年バルセロナ大会、競泳女子200メートル平泳ぎの岩崎恭子さん(14歳6日)の記録を塗り替え、日本史上最年少金メダルとなった。競技後、テレビインタビューでは「最新記録だと思う。それが嬉しいです」と笑顔で語った。また16歳の中山楓奈が14.49点で銅メダルを獲得した。

スケートボード・女子ストリートで金メダルを獲得した西矢椛【写真:AP】
スケートボード・女子ストリートで金メダルを獲得した西矢椛【写真:AP】

東京五輪新種目、中山楓奈と日本人10代がW表彰台

 東京五輪の新競技、スケートボード・女子ストリート決勝が26日に行われ、13歳の西矢椛が合計15.26点を獲得して金メダルを獲得。92年バルセロナ大会、競泳女子200メートル平泳ぎの岩崎恭子さん(14歳6日)の記録を塗り替え、日本史上最年少金メダルとなった。競技後、テレビインタビューでは「最新記録だと思う。それが嬉しいです」と笑顔で語った。また16歳の中山楓奈が14.49点で銅メダルを獲得した。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 決勝には西村碧莉を含めた3人の日本人選手が登場。西矢は最後の1本を残してトップに立ち、そのまま勝ちきった。中山も2位に入ったブラジルのレアウに続く得点で、表彰台に10代の日本人2人が上がった。

 競技後、テレビインタビューに臨んだ西矢は「嬉しいです」と笑顔。「途中まではもう勝てないと思っていたけど、周りの人が励ましてくれた。『行けるよ』と。嬉しかったです」と振り返った。

 岩崎さんの記録を塗り替える最年少金メダル。「最新記録だと思う。それが嬉しいです」と語った。競技中は失敗しても終始笑顔。「(周囲の人が)『オオ~』とか言ってくれるから、それが楽しい。やっぱ笑顔で」と語った。2007年8月30日生まれの西矢は中学2年生。19年には世界選手権準決勝進出を果たしている。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集