[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ウインターカップの記事一覧

  • 日本代表も舌巻く高校生シューター “並の選手”から覚醒した「努力の天才」絈野夏海の3年間

    2023.12.29

    バスケットボールの第76回全国高校選手権「Softbank ウインターカップ2023」の女子決勝が28日、東京体育館で行われ、岐阜女子(岐阜)は59-63で京都精華学園(京都)に惜敗し、5年ぶり3度目の優勝はならなかった。エース・絈野夏海(3年・SG)は3ポイント8本を決めるなど31得点の大活躍。入学当初は「特筆すべき選手ではなかった」と評される“努力の天才”が、3年間の集大成で高校バスケファンに鮮烈な印象を残した。(取材・文=THE ANSWER編集部・鉾久真大)

  • 絶対女王・京都精華学園の大黒柱が抱くWNBAの夢 堀内桜花、高校最終戦でも輝いた窮地の打開力

    2023.12.28

    バスケットボールの第76回全国高校選手権「Softbank ウインターカップ2023」の女子決勝が28日、東京体育館で行われ、京都精華学園(京都)が岐阜女子(岐阜)に63-59で勝利し、大会2連覇を果たした。2年連続でインターハイとの“夏冬連覇”を達成。今年はU-18日清食品トップリーグも制しており、三冠で有終の美を飾った。主将の堀内桜花(3年・PG)は13得点10リバウンドのダブルダブルでチームを牽引。米女子プロバスケットボール(WNBA)入りを将来の目標にする司令塔は、抜群の打開力で相手に流れを渡さなかった。

  • 京都精華学園、大熱戦制して三冠達成! 岐阜女子エース31得点&3ポイント8本躍動も及ばず【高校バスケ】

    2023.12.28

    バスケットボールの第76回全国高校選手権「Softbank ウインターカップ2023」の女子決勝が28日、東京体育館で行われ、京都精華学園(京都)が岐阜女子(岐阜)に63-59で勝利し、大会2連覇を果たした。2年連続でインターハイとの“夏冬連覇”を達成。今年はU-18日清食品トップリーグも制しており、三冠で有終の美を飾った。岐阜女子はエース・絈野夏海(3年)が3ポイント8本を決めるなど31得点の大活躍も、及ばなかった。

  • 全国制覇を喜ぶ前に敗者のもとへ 開志国際・介川アンソニー「喜ぶのは後でもできる」【ウインターカップ】

    2022.12.30

    バスケットボールの第75回全国高校選手権「SoftBank ウインターカップ2022」の男子決勝が29日、東京体育館で行われ、開志国際(新潟)が福岡第一(福岡)に88-71で勝利した。夏のインターハイ決勝で1点差で敗れた相手にリベンジを果たし、男女通じて新潟勢初優勝。両チームトップの30得点を記録した介川アンソニー翔(3年)は、優勝の喜びを仲間と分かち合う前に、自分を高めてくれたライバルへのリスペクトを示した。

  • 留学生を主将に任命 高校バスケ2冠京都精華、異例の挑戦「例がないのでやってみよう」【ウインターカップ】

    2022.12.30

    夏のインターハイを制した女王が、冬も強さを見せて2冠を達成した。28日に東京体育館で行われたバスケットボールの第75回全国高校選手権「SoftBank ウインターカップ2022」の女子決勝。京都精華学園(京都)は札幌山の手(北海道)に99-81で勝利し、悲願の初優勝を果たした。校長でもある山本綱義アシスタントコーチは、ナイジェリア出身のキャプテン、イゾジェ・ウチェ(3年)を主将に任命。教え子たちは留学生に任せる異例の試みを成長の糧にした。

  • 新潟勢初V・開志国際が貫いた「命がけのハリーバック」 9年前、体育館に貼った原点

    2022.12.29

    バスケットボールの第75回全国高校選手権「SoftBank ウインターカップ2022」の男子決勝が29日、東京体育館で行われ、開志国際(新潟)が福岡第一(福岡)に88-71で勝利し、男女通じて新潟県勢初の優勝を果たした。今夏のインターハイ決勝で1点差で惜敗した相手との再戦。富樫英樹コーチは「悔しさをこの4か月持って、全員で『どうやれば福岡第一に勝てるか』と考えてきた。それを体現できて、この舞台で優勝できて、子供たち、関係者たちに本当に感謝」と喜びを噛みしめた。

  • 高校バスケ最後の試合で見せた人間力 敗北直後、中部大第一・小澤飛悠が走った背景

    2022.12.29

    バスケットボールの第75回全国高校選手権「SoftBank ウインターカップ2022」の男子準決勝が28日、東京体育館で行われ、中部大第一(愛知)は福岡第一(福岡)に64-76で敗れ、2018年以来4年ぶり2度目の決勝進出とはならなかった。U-18日本代表にも選ばれたキャプテンの小澤飛悠(3年)は、指導者の教えと日の丸を背負った経験を胸に、日常を疎かにしないことを大切にしてきた。「一番成長した部分だと思う」と胸を張る「人間力」は、最後のショットを打った後の行動にも表れた。

  • 高校バスケ2冠・京都精華を導いた校長兼コーチ 「見えない部分の頑張り」貫いた頂点

    2022.12.29

    バスケットボールの第75回全国高校選手権「SoftBank ウインターカップ2022」の女子決勝が28日、東京体育館で行われ、京都精華学園(京都)が札幌山の手(北海道)に99-81で勝利し、悲願の初優勝を果たした。昨年は決勝で桜花学園(愛知)に敗れて涙を飲んだが、今年は夏のインターハイに続き2冠を達成。強さの背景には、校長でもある山本綱義アシスタントコーチが説いてきた「地味な、見えない部分をみんなで頑張り抜け」という指導と、それに応えた選手の努力があった。

  • 言葉も通じない異国でリーダーに成長 帝京長岡コネ「日本人と練習、勉強…楽しかった」

    2022.12.28

    バスケットボールの第75回全国高校選手権「SoftBank ウインターカップ2022」の男子準々決勝が27日、東京体育館で行われ、昨年準優勝の帝京長岡(新潟)は、今夏のインターハイと今秋のU-18日清食品トップリーグを制した福岡第一(福岡)と対戦し、53-68で敗れた。「自分のプレーができなかった。今日の試合に負けたのは自分のせい」と語ったコネ・ボウゴウジィ・ディット・ハメード(3年)は、涙するチームメートを励ますなど、コートサイドでもリーダーシップを発揮していた。

  • 高校バスケで生まれた国を越えた絆 東海大福岡1年、伊東友莉香が涙した留学生の引退

    2022.12.28

    バスケットボールの第75回全国高校選手権「SoftBank ウインターカップ2022」の女子準決勝が27日、東京体育館で行われ、初の4強入りを果たした東海大福岡(福岡)が今夏のインターハイ王者、京都精華学園(京都)と対戦。47-70で敗れ、初の決勝進出はならなかった。1年生ながら先発出場した伊東友莉香はチーム2位の15得点の活躍も「本当に3年生の先輩たちに申し訳ない気持ちでいっぱいです」と大粒の涙を流した。一緒にコンビプレーを磨いてきたファール・アミナタ(3年)を筆頭に、優しく声をかけてくれた先輩への感謝の思いが溢れた。

  • 夏のインハイ女王と戦い抜いた宮崎の県立校 熱血指揮官が宿した小林の「闘うマインド」

    2022.12.25

    バスケットボールの第75回全国高校選手権「SoftBank ウインターカップ2022」の女子2回戦が24日、東京体育館と大田区総合体育館の2会場で行われた。23日の1回戦で龍谷富山(富山)を下した県立校・小林(宮崎)は、今夏のインターハイを制した京都精華学園(京都)と対戦。63-85で敗れはしたものの、「本気で日本一を目指してやってきた」という橘裕コーチの言葉を裏付けるように、第1シードの強豪相手にも最後まで全く引かない粘り強さが光った。

  • インハイ4強の八雲学園敗退 U-18代表・薮未奈海の涙、エースの自負が生んだ「空回り」

    2022.12.24

    バスケットボールの第75回全国高校選手権「SoftBank ウインターカップ2022」の女子2回戦が24日、東京体育館と大田区総合体育館の2会場で行われた。今夏のインターハイで4強入りを果たした八雲学園(東京)は岐阜女子(岐阜)に50-76で敗れ、2回戦で姿を消した。U-18日本代表にも選ばれた薮未奈海(3年)は、徹底したマークに苦しみ9得点に終わった。厳しいチェックを受ける中、「『自分がやらなきゃ』という気持ちが強く、空回りしてしまった。冷静な判断ができていなかった」と吐露。エースの責任感ゆえに、周囲が見えなくなってしまったことを悔いた。

  • 30得点も「負けたのは自分のせい」 先発唯一の3年生、龍谷富山・澤知央の涙に見た責任感

    2022.12.24

    バスケットボールの第75回全国高校選手権「SoftBank ウインターカップ2022」が23日、東京体育館と大田区総合体育館の2会場で開幕した。女子1回戦では龍谷富山(富山)が小林(宮崎)に59-90で敗戦。スタメン唯一の3年生だったキャプテンの澤知央はチーム最多の30得点、16リバウンドの活躍も、「負けたのは大半が自分のせい」と、涙ながらにキャプテンとしての強い責任感を滲ませた。

  • 名門・桜花学園の福王伶奈に欠かせない趣味 読書は「5分でもいいから時間見つけて必ず」

    2022.12.24

    バスケットボールの第75回全国高校選手権「SoftBank ウインターカップ2022」が23日、東京体育館と大田区総合体育館の2会場で開幕した。女子1回戦では大会3連覇中の桜花学園(愛知)が福島東稜(福島)を106-55で下し、4連覇に向け好スタートを切った。11得点を挙げた192センチの長身センター、福王伶奈(2年)は、自分と向き合うために毎日欠かさず読書の時間を設けているという。「仲間はみんな相手にしてくれない」と苦笑いしながら、「個人の趣味」がいかにプレーに役立っているか明かした。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集