[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【#キミとONETEAM】「生きていく中ではラグビーより優先するべきことがある」―元日本代表・箕内拓郎

新型コロナウイルスの感染拡大により、昨秋のワールドカップ(W杯)で空前のブームが巻き起こったラグビー界も大きな影響を受けた。1月に開幕したトップリーグがシーズン途中で中止。1試合の観客最多動員を記録する試合も生まれるなど、W杯から続いていた盛り上がりが予期せぬ形で途絶えてしまった。

元日本代表キャプテンで、現在は日野レッドドルフィンズでコーチを務める箕内拓郎さん【写真:荒川祐史】
元日本代表キャプテンで、現在は日野レッドドルフィンズでコーチを務める箕内拓郎さん【写真:荒川祐史】

子どもたちともう一度「ONE TEAM」に―「ラグビー選手から午前9時のメッセージ」第14回

 新型コロナウイルスの感染拡大により、昨秋のワールドカップ(W杯)で空前のブームが巻き起こったラグビー界も大きな影響を受けた。1月に開幕したトップリーグがシーズン途中で中止。1試合の観客最多動員を記録する試合も生まれるなど、W杯から続いていた盛り上がりが予期せぬ形で途絶えてしまった。

【注目】現役、OB、指導者ら豪華メンバーが連日登場 ラグビー連載「#キミとONETEAM」全一覧はこちらから

 もっとプレーを見せたかった選手、プレーを見たかった子どもたち。距離が遠くなってしまったいま、「THE ANSWER」はラグビー界がもう一度、子どもたちと一つになれることを願って、「#キミとONE TEAM」と題した連載をお届けしている。

 元日本代表主将の菊谷崇さんと廣瀬俊朗さんが発起人となり、多くの現役、OB、指導者らが賛同。いま抱えている思いとともに、全国の子どもたちに向けたメッセージを送る。また、記事は連日午前9時に配信。「#きょうのトライ」として、学校が休校となっている子どもたちにきょう1日を使い、やってほしいことを提案する。

 第14回は、日本代表キャプテンとして2003年オーストラリア大会、2007年フランス大会と2度のW杯に出場し、現在は日野レッドドルフィンズでFWコーチを務める箕内拓郎さんだ。

 ◇ ◇ ◇

 僕がFWコーチを務める日野は、今年のトップリーグでNTTコムと開幕戦を戦いました。開幕節に秩父宮ラグビー場で行われる第1試合だったんです。第2試合が東芝対サントリーという好カードではありましたが、僕たちの試合が始まる1時間前には、秩父宮は座席を求めてくる人が長蛇の列になり、すごいことになっていました。グラウンドに入って観客席を見上げると、自由席がほぼ埋まっている。それを見た時に、日本代表はもちろんW杯の盛り上がりがすごくプラスに作用し、国内リーグやラグビーそのものに興味を持ってくれた人が増えているなと実感しました。

 W杯のほかにも、ドラマ「ノーサイドゲーム」であったり、テレビ番組に日本代表選手が出演したり。いろいろな形でラグビーを身近に感じてもらえたのが、僕はうれしかったです。

 僕は菊谷崇さんと小野澤宏時さんと一緒に「ブリングアップ・ラグビーアカデミー」で小中学生にラグビーを教えています。このメンバーで各地の小学校を訪問し、ラグビーの楽しさを知ってもらうための活動もしていますが、ラグビーボールを触ってみたいという子がたくさんいますし、ラグビーボールを持ってパスをしたり、W杯で流行った「ジャッカル」という言葉を使ってみたり。子どもたちがそうやって遊んでいる姿を見ると、ラグビーの認知度はここまで上がったんだと笑顔になりました。

 せっかくラグビーに興味を持ってくれる人が増えましたが、残念ながらいまは外でラグビーができません。いまはラグビーをしている場合ではないんです。まずは大切なのは、みんなの健康を守ることです。トップリーグでは選手、コーチ、その家族、試合を見に来る人たち、ファン、試合を運営する人たちなど、すべての人たちの健康と安全が守られた状態にならないと、ラグビーをしてはいけない。生きていく中ではラグビーより優先するべきことがあるということを、子どもたちにも知ってもらいたいと思います。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集