[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本快進撃が「死の組」を作った 英メディア驚き「ここまでの展開誰が予想したか」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で日本が首位に立つA組は決勝トーナメント出場の2枠を巡り、混戦模様と化している。日本は3戦全勝で勝ち点14を積み上げ、本命とみられていたアイルランドは同11で2位、1試合消化の少ないスコットランドは3位という現状。予想外の展開に対し、英メディアは「死の組」と表現。「誰が予想しただろうか」と驚きとともに報じている。

3戦全勝でA組首位に立つ日本【写真:荒川祐史】
3戦全勝でA組首位に立つ日本【写真:荒川祐史】

混戦模様のA組を英紙は「死の組」と表現

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で日本が首位に立つA組は決勝トーナメント出場の2枠を巡り、混戦模様と化している。日本は3戦全勝で勝ち点14を積み上げ、本命とみられていたアイルランドは同11で2位、1試合消化の少ないスコットランドは3位という現状。予想外の展開に対し、英メディアは「死の組」と表現。「誰が予想しただろうか」と驚きとともに報じている。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り! 日本、決勝T進出!! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

「ラグビーW杯プールの序列。最終週に誰が何を必要とするのか」と特集したのは、英地元紙「ガーディアン」だった。日本が首位に立つA組について驚きの混戦状態と分析。寸評では「ここまでの展開を誰が予想しただろうか。死の組だ。興味深いグループになるであろう糸口はあった。第3シードの強さで知られるグループがあるとするなら、日本は最高ランクで開幕を迎えた」と記した。

 当初、優勝候補で世界ランク1位で開幕を迎えたアイルランドとスコットランドがA組の本命、日本は3番手と目されていた。だが、静岡の奇跡で状況は一変した。「それでも、世界1位のチームを倒すということは全くもって起こりそうもなかった」とアイルランドを日本が撃破した第2戦を振り返った。

 その上で「2015年に南アフリカを倒す実績を持つ日本は、ラグビーの現状が変化しているかもしれないことを示す最も明確な兆候だ」と報じ、日本の躍進がラグビー界の勢力図を塗り替えていると分析。そして、決勝T進出の条件を解説。日本が最終戦でスコットランドを倒せば、8強のさらに先も見えてくるという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集