[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

失意のジョージア、決勝T進出は絶望的 自慢のFW陣が機能せず「がっかりする」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は3日、大阪・東大阪市花園ラグビー場D組の世界ランク11位・ジョージアと同12位・フィジーが激突し、フィジーが45-10で今大会初勝利を飾った。ジョージアにとっては痛恨の敗戦。最終戦は世界ランク6位のオーストラリアだけに、厳しい状況に追い込まれた。

フィジーに敗れたジョージア【写真:荒川祐史】
フィジーに敗れたジョージア【写真:荒川祐史】

フィジーに7トライを奪われ完敗、ヘイグHCは憮然

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は3日、大阪・東大阪市花園ラグビー場D組の世界ランク11位・ジョージアと同12位・フィジーが激突し、フィジーが45-10で今大会初勝利を飾った。ジョージアにとっては痛恨の敗戦。最終戦は世界ランク6位のオーストラリアだけに、厳しい状況に追い込まれた。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り! 日本、決勝T進出!! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 自慢のFW陣がフィジーの前になすすべなくやられた。前半こそ3-7と僅差だったが、後半は一挙6トライを奪われるなど45失点。フィジーのアタッキングラグビーにいいようにやられた。

 世界ランクでは1つ下のフィジーに完敗。ショックは大きい様子で、ミルトン・ヘイグ・ヘッドコーチ(HC)は「前半は僅差まで詰められたが、フィジーが裏をとってパスを回し始めると、それを止めるのは難しい」とがっくりと肩を落とした。

 さらに13のファウルを犯してしまい、試合後の会見で記者から「どう修正したのか?」と尋ねられた際には「それがわかっていたらすぐに修正する。細かく分析しないとわかりません」と憮然とした表情だった。

 世界最強とも触れ込みもあったスクラムでもフィジーに押し負ける場面も。キャプテンのCTBメラブ・シャリカゼは「がっかりするが、今日のようなパフォーマンスをしてはいけない。明日から頭を上げて修正していかなければならない」と歯を食いしばった。

 台風の目と目されていたジョージアだが、3試合を終えて勝ち点は5。自力での決勝トーナメントはなくなり、絶望的な状況に追い込まれた。

【D組順位表】
1.ウェールズ 勝ち点9
2.フィジー 勝ち点7
3.オーストラリア 勝ち点6
4.ジョージア 勝ち点5
5.ウルグアイ 勝ち点4

※フィジーとジョージアは3試合消化

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集