[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

リーチ、代表続行に意欲「まだまだ挑戦したい」 将来は「いつか日本代表の監督に」と希望

ラグビーワールドカップ(W杯)フランス大会は8日、1次リーグのプールD最終戦(ナント)が行われ、世界ランク12位の日本代表が同9位アルゼンチンとの死闘の末、27-39で敗れた。2大会連続の決勝トーナメント(T)進出はならず。アルゼンチンとの対戦成績は通算1勝6敗、1998年以来25年ぶりの勝利と、海外開催初のW杯8強入りの夢は潰えた。FLリーチ・マイケルは代表続行と将来の監督就任に意欲を見せた。

ラグビー日本のリーチ・マイケル(左)とピーター・ラブスカフニ【写真:ロイター】
ラグビー日本のリーチ・マイケル(左)とピーター・ラブスカフニ【写真:ロイター】

ラグビーW杯フランス大会

 ラグビーワールドカップ(W杯)フランス大会は8日、1次リーグのプールD最終戦(ナント)が行われ、世界ランク12位の日本代表が同9位アルゼンチンとの死闘の末、27-39で敗れた。2大会連続の決勝トーナメント(T)進出はならず。アルゼンチンとの対戦成績は通算1勝6敗、1998年以来25年ぶりの勝利と、海外開催初のW杯8強入りの夢は潰えた。FLリーチ・マイケルは代表続行と将来の監督就任に意欲を見せた。

【注目】一度だけの人生、好きなだけスポーツを スポーツを楽しむすべての女性を応援するメディア「W-ANS ACADEMY(ワンス・アカデミー)」はこちら

 開始1分、アルゼンチンのCTBチョコバレスがトライ。ボファリのCVも決まり、日本はいきなり7点を先制された。しかし、同16分にLOファカタバが左サイドで前方に蹴り出したボールを自ら拾い、そのままトライを決めた。SO松田力也のゴールで7-7。同28分、ハイボールをアルゼンチンが奪い、日本防御を切り裂いて最後はWTBカレーラスがトライを決めた。

 7-12との同35分にもPGで3点追加。日本は7-15からWTBフィフィタが左サイドを突破し、最後はSH齋藤直人がトライを決めた。松田のゴールを含め、14-15と1点差で後半へ。しかし、後半6分、カレーラスにこの日2本目のトライを許す。14-22の同12分、松田がPGを決め、同16分にはFBレメキのドロップゴールで20-22と2点差に迫った。

 しかし、アルゼンチンはボフェリが同18分にトライ、自らCVも決めて9点差。日本は逆転へ、松島に代わったナイカブラが20-29の同25分にトライを決めた。「ニッポン」コールも沸き上がったが、アルゼンチンはその3分後にカレーラスが反撃ムードを消し去るトライ。ハットトリックで日本を突き放し、その後も追加点を加えてアルゼンチンが勝利した。

 他の選手が黒いチームウェアに着替えた中、リーチだけ試合で着たジャージのまま登場。「出し切って負けた」と悔しさを露わにした。今後の日本代表入りについて、「まだまだチャレンジし続けたいなと思いますし、リーグワンから(代表を)目指して選ばれたら、それは行きたい」と意欲。「選ばれなかったら、それは僕にはコントロールできないこと。次の監督は4年後にいないだろうって思われたらそれで終わりです」と語った。

 さらにジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチと7年間歩んだ道について、「ジェイミーが残したレガシーは日本で歴代No.1」と回顧。「将来はジェイミーみたいないつか日本代表の監督になることも想像でしている。僕が、です。45歳くらいですかね。もう一回日本大会があれば」と希望を口にした。

 08年11月に20歳で代表初キャップ。15、19年大会は主将を務め、W杯は22歳で迎えた2011年から4大会連続出場。この日が自身84試合目の代表戦だった。取材を終えてバスに乗り込むまでには、出待ちの日本ファンから「リーチ、ありがとー!」の声が多数。35歳は笑顔で手を振り、バスに乗り込んだ。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集