[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

F1で味方同士が接触する痛恨のクラッシュでリタイア ハミルトン謝罪「100%俺のせいだ。全責任を負う」

8日(日本時間9日)に行われた自動車レースのF1第18戦カタールGP決勝でスタート直後に同じチーム同士で接触するハプニングが起きた。

カタールGPで衝突後にマシンを降りるルイス・ハミルトン【写真:ロイター】
カタールGPで衝突後にマシンを降りるルイス・ハミルトン【写真:ロイター】

カタールGPスタート直後にアクシデント

 8日(日本時間9日)に行われた自動車レースのF1第18戦カタールGP決勝でスタート直後に同じチーム同士で接触するハプニングが起きた。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 スタート直後、3番手から出たメルセデスのルイス・ハミルトンは最初のコーナーにかけて外から仕掛けたが、2番手から出た同じメルセデスのジョージ・ラッセルの左フロントと右リヤが接触。ハミルトンはスピンしながらコースアウトとなりリタイアに。ラッセルも大幅にポジションを落とした。

 英衛星放送「スカイスポーツ」のF1専門X(旧ツイッター)は「誰が責められるべき?」と題し、チームの無線の内容を紹介。ハミルトンは「チームメートにリタイアに追いやられた」、ラッセルは「申し訳ない、みんな。後ろは見ていなかった。前に集中していたら彼が突然現れたんだ」というコメントを紹介している。

 ただ、ハミルトンはレース後に改めてXで釈明。「リプレーを見た。100%俺のせいだ。全責任を負うよ。チームとジョージに謝る」と謝罪し、責任を背負った。ラッセルはレースに復帰し、4位まで追い上げただけに痛いロスとなった。

 なお、レースは前日に総合優勝を決めたばかりのレッドブルのマックス・フェルスタッペンが49勝目を挙げた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集