[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

堀江翔太、元日本代表の描いた“コロナ退治タックル”の1枚に反響「泣けるほど最高」

昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)で日本代表の8強入りに貢献したHO堀江翔太(パナソニック)がインスタグラムを更新。元日本代表PRの描いた“コロナ退治タックル”の画像を「コロナなんて、こうしてこう!!」とつづって公開すると、ファンから「似てるな」「ボコれ~」「泣けるほど最高です!!」と反響が集まっている。

パナソニックの堀江翔太【写真:荒川祐史】
パナソニックの堀江翔太【写真:荒川祐史】

元日本代表PR浅原拓真が描いた堀江翔太の“コロナ退治”に反響「似てるな」

 昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)で日本代表の8強入りに貢献したHO堀江翔太(パナソニック)がインスタグラムを更新。元日本代表PRの描いた“コロナ退治タックル”の画像を「コロナなんて、こうしてこう!!」とつづって公開すると、ファンから「似てるな」「ボコれ~」「泣けるほど最高です!!」と反響が集まっている。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 こんなタックルで新型コロナウイルスを退治してほしい。堀江が1枚の画像を公開。中央には、パナソニックのジャージを着たドレッドヘアーの堀江が描かれている。全身の筋肉が隆起したムキムキの選手が左手にボールを保持。鬼の形相で突進しているが、跳ね返している相手は人間ではない。コロナを模した黄緑色のウイルスだった。

 右肩を前に2つのウイルスに激突。コロナには顔が描かれ、堀江のタックルによって顔が大きく歪んでいる。堀江は「バズ画伯から、贈り物! コロナなんて、こうしてこう!!」と記して投稿。元日本代表PRで「バズ」の愛称で親しまれる浅原拓真(日野)が描いたものだった。堀江が「#うますぎやろ」とハッシュタグを付けると、ファンから反響が集まっている。

「似てるな」
「ボコれ~」
「めちゃくちゃ上手い」
「コロナやっつけるために、免疫力高めよ!!」
「堀江さんのタックルで、コロナの野郎をやっつけて~」
「泣けるほど最高です!!」
「本当に皆んなで“こうしてこう!!”しましょう」
「見ると元気になれる」
「凄すぎます! ホンマ吹き飛ばしてください!!」
「頼もしいっ」

 新型コロナの感染拡大の影響でトップリーグは残り試合が中止となり、リーグ不成立に。パナソニックは全勝で首位を走っていた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集