[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

34歳堀江翔太、今後の代表活動は「微妙」 W杯出場3度も思い変化「情熱あるかどうか」

ラグビーのトップリーグ(TL)第4節は2日、キヤノン―パナソニック戦が東京・町田GIONスタジアムで行われ、パナソニックが51-17で開幕4連勝を飾った。ワールドカップ(W杯)日本代表HO堀江翔太は、前半16分から途中出場して勝利に貢献。試合後の会見では、日本代表に対する思いを語った。

途中出場した堀江翔太【写真:宮内宏哉】
途中出場した堀江翔太【写真:宮内宏哉】

2日のキヤノン戦後の会見で胸中吐露「そういう情熱がないのかな」

 ラグビーのトップリーグ(TL)第4節は2日、キヤノン―パナソニック戦が東京・町田GIONスタジアムで行われ、パナソニックが51-17で開幕4連勝を飾った。ワールドカップ(W杯)日本代表HO堀江翔太は、前半16分から途中出場して勝利に貢献。試合後の会見では、日本代表に対する思いを語った。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 達観していた。前半開始早々にHO坂手淳史が退場。1人少ない状況となっても、途中出場の堀江は冷静だった。タックルをものともせず、大きく前進するシーンを見せるなどFW陣をけん引。「14人になったけど、僕たちの仕事、やることは変わらないと話をした。やること以外をやるとチームがバラバラになる。なんとか結果が出てよかったです」と胸を張った。

 ロビー・ディーンズ監督からも「オンフィールド、オフフィールド、両面でチームを引っ張っている」と全幅の信頼を得る堀江。まだまだ日本ラグビー界を支える実力を持つが、代表に対する思いは変化が生じつつあるという。

「若い選手、ガッキー(稲垣)とか力也(松田)とかは、JAPANの大きな試合が控えている中でやっているというのは凄いと思う。僕自身、34歳で選ばれるかどうか、行くかどうかわからない年なので。その分、メンタル的に楽な状況なのかなと思います」

 2009年に代表初キャップ。W杯には2011年から3大会連続で出場するなど、長年日の丸を背負ってきた。昨秋のW杯でも8強入りに貢献。そんな堀江も、日本代表への情熱が薄まってきているのかもしれない。

「そこら辺(代表)のパッションがあるかどうかといったら微妙。2011年からトップに向けて走り続けて、チームを渡り歩いて自分を高めてきたが、そこまで走り続けると、結構しんどいもので……」と正直な胸の内を明かした。続けて「日本代表のためにできるか、責任があるかどうかというのは考えると微妙。そういう情熱がないのかな、と思っている」と話した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集