[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

森保監督は「文具メーカーを幸せにした」 ドイツ紙が伝えた“森保ノート”のW杯効果

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)で、日本はクロアチアに敗れて8強入りはならず。それでもグループリーグでドイツ、スペインを破る大金星を挙げ、大会を盛り上げた。試合中、森保一監督がノートにメモを書く姿も話題に。ドイツ一般紙「南ドイツ新聞」は「手書きのヒーロー」と森保監督を表現。日本の文具メーカーに大いに好影響をもたらしたことを伝えている。

試合中にメモを取る森保一監督【写真:Getty Images】
試合中にメモを取る森保一監督【写真:Getty Images】

カタールW杯、森保監督のメモも話題に

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)で、日本はクロアチアに敗れて8強入りはならず。それでもグループリーグでドイツ、スペインを破る大金星を挙げ、大会を盛り上げた。試合中、森保一監督がノートにメモを書く姿も話題に。ドイツ一般紙「南ドイツ新聞」は「手書きのヒーロー」と森保監督を表現。日本の文具メーカーに大いに好影響をもたらしたことを伝えている。

【特集】初代金メダリストが次世代に繋ぐサポートの輪「夢を持ってくれたら」 / スケートボード・堀米雄斗選手インタビュー(GROWINGへ)

 同紙は「日本代表監督モリヤス 手書きのヒーロー」との見出しで、東京特派員のトーマス・ハーン記者が執筆した記事を掲載した。「ドイツを倒した日本は準々決勝進出を逃しはしたが、ハジメ・モリヤス代表監督は文房具メーカーを幸せにした」と、メモを取る姿が及ぼした影響を伝えている。

 記事では、日本がW杯敗退となった後「日本人は怒ることも熱狂することもなかった」と表現。帰国した代表選手たちを650人のファンが成田空港で出迎えたと紹介しているが「もちろん新記録(の出迎え人数)ではない。東京にいる多くの人にとっては、大好きな選手たちを迎えること以外にやることがあったのだろう」と出迎えにおいては特筆すべき熱狂ぶりはなかったとしている。

 だが「熱心なサポーターを除けば、大阪の文具メーカー・コクヨだけが引き続き盛り上がっていた。そこには納得の理由がある」と、ハーン記者は森保監督が使っていたノートのメーカー「コクヨ」について記している。

「この会社(コクヨ)は117年の歴史を持つ。インターネットが使えるタブレットに比べると、(ノートは)いささか不利がある。だからこそ、ピッチ脇に立つ日本代表ハジメ・モリヤス監督の姿が話題を集めた時、この会社は大きな歓喜に沸いた。モリヤスはノート、それはコクヨ『Campus』シリーズのB6サイズのメモ帳なのだが、そこにいつも何かを書き留めていた」

 ペーパーレス化も進む現代において、世界が注目する戦いの場で手書きのノートを活用している森保監督の姿が、同社にもたらしていた影響を指摘。さらに「無料の広告には大きな価値がある。コクヨの広報担当者は『デジタル化により、ノートにメモを取る機会がどんどん減っている』という苦難を味わい、『本当にうれしい』と話す」と社内からの声も伝えられている。

 森保監督の“W杯ノート”が注目されていることについて、記事では「紙にとってサッカーは大きなチャンスだ。そして、紙はサッカーにとってチャンスなのだ。広報担当者はこれを言いたかったのだ」と“波及”を期待していることに言及。「森保監督はメモ帳の力を感じてくださったのだと思います」とのコクヨ担当者の言葉とともに、「ハジメ・モリヤスは今や手書き界のヒーローなのだ。少なくとも、彼がタブレット生産メーカーとスポンサー契約を結ぶまでは」と結んでいた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集