[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「バチッと目が合って…」 Vリーグ決勝かけた勝負所、くしゃっとした笑顔で交わした2人の言葉なき会話

バレーボールのV1リーグ女子ファイナルステージ準決勝が25日、東京・片柳アリーナで行われ、今季4位の埼玉上尾メディックスが同1位のJTマーヴェラスに健闘するも、1-3(16-25、25-23、20-25、20-25)で敗れ、セミファイナルで敗退。優勝への道は途絶えたが、競った第2セット(S)を奪取し、勝負所の次セットに向かう直前、コート上で黒後愛が交わした“言葉なき会話”があった。(写真・文=THE ANSWER編集部・中戸川 知世)

ロゾ・サラ(左)の肩に顔をうずめ、笑顔でハグを交わす黒後愛【写真:中戸川知世】
ロゾ・サラ(左)の肩に顔をうずめ、笑顔でハグを交わす黒後愛【写真:中戸川知世】

THE ANSWER編集部・新人カメラマンフォトコラム

バレーボールのV1リーグ女子ファイナルステージ準決勝が25日、東京・片柳アリーナで行われ、今季4位の埼玉上尾メディックスが同1位のJTマーヴェラスに健闘するも、1-3(16-25、25-23、20-25、20-25)で敗れ、セミファイナルで敗退。優勝への道は途絶えたが、競った第2セット(S)を奪取し、勝負所の次セットに向かう直前、コート上で黒後愛が交わした“言葉なき会話”があった。(写真・文=THE ANSWER編集部・中戸川 知世)

 ◇ ◇ ◇

 何かを念じるようにギュッと抱き合った。第3Sが始まる直前、コートに出てきた黒後愛が一足先に入っていたロゾ・サラとハイタッチした後、両腕を広げられると、くしゃっとした笑顔でハグした。

 2人は言葉を交わしていなかったが、黒後の表情が印象的で、含みがあるように映った。経緯が気になった。

 シーズン1位の強豪相手に熱戦を制して第2Sを取り返した埼玉上尾。セットカウント1-1、流れを大きく左右する第3Sを前に自然と力が入る。集中した様子で出てきた黒後もハグには写真のような表情で応え、186センチのサラの肩にちょっと顔をうずめた。

 試合中、たまにあるという仕草。今回は「バチッと目が合って感じるものがあった」と笑顔で明かした黒後。言葉がなくとも、サラの雰囲気を読み取ったという。

「お互い自分たちのプレーでもっとこうしたいというのがあったと思うし、 このセットを取りたい気持ちもあった。一つじゃまとめられない」。負ければ優勝がなくなる一発勝負。さまざまな感情が入り混じったまま、第3Sに向かったが、「サラも受け止めてくれた」と思いを“共有”した。

 この場面があったからこそ、自分でなんとかしようと焦る気持ちはなくなった。「ひとりじゃないというか、支え合って頑張りたいと」。8得点のうちの4得点を第3Sのアタックで奪った黒後。「サラは熱いけどプレーは冷静。見習うことが多いです」と仲間に刺激され、得点を重ねた。

 しかし、力及ばず惜敗。「とにかく勝ちたい試合だった」と決勝へ行けなかった無念を口にした。この悔しさを、仲間とともに3位決定戦へぶつける。

(THE ANSWER編集部・中戸川 知世 / Chise Nakatogawa)

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集