[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本の窮地救った残り73秒のビッグプレー 中国PGを罠にはめたホーキンソン「彼を驚かせたと思う」

男子バスケットボールの「FIBAアジアカップ予選1次ラウンド Window1」第2戦が25日、東京・有明コロシアムで行われ、世界ランク26位の日本が同29位の中国に76-73で勝利し、開幕2連勝を飾った。3点差に追い上げられた試合終了残り1分13秒。日本はジョシュ・ホーキンソン(SR渋谷)と比江島慎(宇都宮)がダブルチームを仕掛けてボールを奪取。そのままホーキンソンが豪快なダンクを叩き込み、試合を決定づけた。相手に傾きかけた流れを引き戻すビッグプレー。本人も「大きなターニングポイントだった。勝利を確実なものにできて、嬉しく思うよ」と胸を張った。

中国戦、14得点&12リバウンドの活躍を見せたバスケ日本のジョシュ・ホーキンソン【写真:(C)FIBA】
中国戦、14得点&12リバウンドの活躍を見せたバスケ日本のジョシュ・ホーキンソン【写真:(C)FIBA】

FIBAアジアカップ予選1次ラウンド Window1

 男子バスケットボールの「FIBAアジアカップ予選1次ラウンド Window1」第2戦が25日、東京・有明コロシアムで行われ、世界ランク26位の日本が同29位の中国に76-73で勝利し、開幕2連勝を飾った。3点差に追い上げられた試合終了残り1分13秒。日本はジョシュ・ホーキンソン(SR渋谷)と比江島慎(宇都宮)がダブルチームを仕掛けてボールを奪取。そのままホーキンソンが豪快なダンクを叩き込み、試合を決定づけた。相手に傾きかけた流れを引き戻すビッグプレー。本人も「大きなターニングポイントだった。勝利を確実なものにできて、嬉しく思うよ」と胸を張った。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 有明コロシアムに漂った重苦しい空気を一蹴した。3点差まで詰め寄られた第4クォーター終盤。井上宗一郎(越谷)が3本のフリースローを獲得するも全て外してしまい、残り1分25秒で3点差のまま中国にポゼッションが移った。相手に一気に流れが傾いてしまいかねない場面。ここで日本が勝負を仕掛けた。

 センターサークル付近でボールをキープしていた相手PGにホーキンソンが猛接近。ガードしていた比江島とともにダブルチームで追い詰めた。バックコートバイオレーションを恐れた相手PGがなんとかパスを出そうとするも、これをホーキンソンがスティール。そのまま豪快なスラムダンクを決め、リードを5点差に広げた。窮地を脱するビッグプレー。本人も「大きなターニングポイントだった。勝利を確実なものにできて、嬉しく思うよ」と誇らしげに振り返った。

「彼(相手PG)を驚かせたと思う。彼はハーフコートラインのすぐそこにいたから、どこにも行くところがなかった」としたり顔。「彼が(センター)ラインを越えたらすぐに罠にかけられるよう、僕とガード(比江島)の間で良いコミュニケーションができた。バックコートに戻ってしまったらバイオレーションになるようにね」。相手の行き場をなくす作戦が奏功したことを喜んだ。

 両チーム最多タイの12リバウンドに加え、14得点でダブルダブルを記録した。34分4秒のプレータイムは、37分7秒出場した馬場雄大(長崎)に次ぐチーム2位。日本のために何度も体を張り続けた。「こういう試合はいつも疲れるよ(笑)。だから特別なことじゃない。これだけの時間プレーするのは僕にとっては普通のこと。ファンから多くのエネルギーをもらったしね。JAPANの文字が胸にあるときは、ちょっと特別な感覚なんだ」。客席を真っ赤に染めたファンの後押しに感謝した。

(THE ANSWER編集部・鉾久 真大 / Masahiro-Muku)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集