[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁と同じルーツを持つマヒンミ 25得点躍動に指揮官も賛辞「キャリア最高の試合」

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁は30日(日本時間31日)の本拠地ヒート戦を鼠径部の打撲により7戦連続で欠場。エースのブラッドリー・ビールも欠場した試合で、チームは前回対戦で103-112と敗れた同地区首位の相手に、123-105で勝利。今季10勝目を挙げた。この試合でキャリアハイの活躍を見せたイアン・マヒンミに、スコット・ブルックスHCが賛辞を送った。

イアン・マヒンミ【写真:AP】
イアン・マヒンミ【写真:AP】

ベナン人の父を持つマヒンミがキャリアハイの25得点

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁は30日(日本時間31日)の本拠地ヒート戦を鼠径部の打撲により7戦連続で欠場。エースのブラッドリー・ビールも欠場した試合で、チームは前回対戦で103-112と敗れた同地区首位の相手に、123-105で勝利。今季10勝目を挙げた。この試合でキャリアハイの活躍を見せたイアン・マヒンミに、スコット・ブルックスHCが賛辞を送った。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

 難敵ヒートを相手に主役に躍り出たのはイアン・マヒンミだった。第1クォーター(Q)に放った6本のフィールドゴール全てを沈めるなど、序盤からエンジン全開。ビッグマンながら2つの3Pを決めるなど、終わってみればキャリアハイとなる25得点をマーク。トーマス・ブライアントとモリツ・ワグナーのセンター2人が離脱する中で存在感を示した。

 ウィザーズのスコット・ブルックスHCは、ディフェンス面での貢献度の高さを称えながら「キャリアで最高の試合をした」とマヒンミに賛辞を送った。さらに、これまで1試合で20点以上をマークしたことがなかった理由が、キャリアを通して繰り返してきた怪我にあると持論を展開した。

「彼が怪我をしていたことは、我々にとっても彼にとっても不運だった。毎年のように怪我をしていたからね。今年も20試合くらい欠場している。誰の責任でもない。それは時に起きてしまうことなんだ。しかし、彼は多くのことをチームにもたらしてくれる。彼はペイント内を守れるし、健康であれば長い時間プレーできる。そして彼は過去10試合健康を維持している。ウィザーズに来て以来最高のプレーを見せているんじゃないかな」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集