[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メッシが3位、C.ロナウドが2位… 過去10年アスリート長者番付で最も稼いだ選手は?

米経済誌「フォーブス」が過去10年間で最も稼いだアスリート番付を発表。1位はボクシングのフロイド・メイウェザー(米国)の9億1500万ドル(約1000億円)で、2位のクリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)に1億ドル以上の差をつけた。

リオネル・メッシ、フロイド・メイウェザー、クリスティアーノ・ロナウド(左から)【写真:Getty Images】
リオネル・メッシ、フロイド・メイウェザー、クリスティアーノ・ロナウド(左から)【写真:Getty Images】

フォーブスが過去10年間で最も稼いだアスリート番付を発表

 米経済誌「フォーブス」が過去10年間で最も稼いだアスリート番付を発表。1位はボクシングのフロイド・メイウェザー(米国)の9億1500万ドル(約1000億円)で、2位のクリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)に1億ドル以上の差をつけた。

【PR】20校中14校で採用 新春の駅伝で大流行していたボディメンテ ゼリーって?

“マネー(金の亡者)”の面目躍如だ。史上初の無敗での5階級王者メイウェザーが、過去10年間のアスリート長者番付のトップに輝いた。

 フォーブスによると、過去10年で1000億円以上稼いだ唯一の存在だと紹介。さらに「彼のマネーの道のりは2006年に彼のプロモーターだったトップランクと75万ドル(約8,200万円)かかったオプトアウト条項行使による決別から始まった。彼はすぐさま『プリティーボーイ』の名前を『マネー』メイウェザーに変更し彼自身で自分の試合をマネージしメイウェザープロモーションズを通してプロモートした」と多額の報酬を得られるようになった道のりを振り返っている。

 特に巨額の報酬を獲得した2試合にフォーカス。2015年には6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)と、2017年には総合格闘技UFCの王者コナー・マクレガー(アイルランド)とボクシングルールで対戦。この2試合について「マニー・パッキャオとコーナー・マクレガーとの試合で大衆を引き寄せ天井を突き抜けた。1000万のペイパービューを売り上げ、5億ドル(約550億円)を受け取り、2つの試合はスポーツ史上一晩における最高額となった」と伝えている。

【フォーブスが発表した過去10年のスポーツ長者番付】

1.フロイド・メイウェザー(ボクシング) 9億1500万ドル(約1000億円)
2.クリスティアーノ・ロナウド(サッカー) 8億ドル
3.リオネル・メッシ(サッカー) 7億5000万ドル
4.レブロン・ジェームズ(NBA) 6億8000万ドル
5.ロジャー・フェデラー(テニス) 6億4000万ドル
6.タイガー・ウッズ(ゴルフ) 6億1500万ドル
7.フィル・ミケルソン(ゴルフ) 4億8000万ドル
8.マニー・パッキャオ(ボクシング) 4億3500万ドル
9.ケビン・デュラント(NBA) 4億2500万ドル
10.ルイス・ハミルトン(F1) 4億ドル

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集