[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ネリの“商品価値”は下がらない? 興行主はリゴンドー戦期待「刺激的な対決の1つに」

ボクシングの前WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリ(メキシコ)が、前日計量で規定の118ポンド(約53.5キロ)を1ポンド(約450グラム)オーバーし、前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)との挑戦者決定戦が中止となった。ルールを守れず批判を浴びている悪童だが、以前現地での評価は高いままのようだ。この一戦の興行主「プレミア・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)」公式サイトでは“2020年必見のファイト5選”を特集。その中でネリVS五輪連覇王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)がピックアップされている。

ルイス・ネリ【写真:Getty images】
ルイス・ネリ【写真:Getty images】

BCが公式サイトで“2020年必見のファイト5選”特集

 ボクシングの前WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリ(メキシコ)が、前日計量で規定の118ポンド(約53.5キロ)を1ポンド(約450グラム)オーバーし、前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)との挑戦者決定戦が中止となった。ルールを守れず批判を浴びているが、依然現地での評価は高いままのようだ。この一戦の興行主「プレミア・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)」公式サイトは“2020年必見のファイト5選”を特集。その中でネリVS五輪連覇王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)がピックアップしている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 PBCは公式サイトで「2020年、我々が見たいと望む5つのファイト」を特集した。

 WBCのマウリシオ・スライマン会長は「バンタム級のランキングから外す」と宣言し、WBCからの裁定を待つネリだが、興行主は来季の必見の名勝負え5選にネリ対リゴンドーのマッチアップを選んでいる。

 リゴンドーはバンタム級で五輪を制覇したレジェンド。井上尚弥(大橋)のスーパー王者昇格に伴い、空座となったWBA正規王者の座をかけて、12月21日にリボリオ・ソリス(ベネズエラ)と王座決定戦に行うが、「彼が勝てば、リゴンドーは危険なメキシカンで、サウスポー同士となるルイス・ネリと118ポンドか122ポンドの舞台で対峙する可能性がある」とバンタム級か、スーパーバンタム級でのマッチアップの可能性を伝えている。

 ネリについては「あっという間に試合を終わらせることができる。頻繁にボディを狙い、コンビネーションとトリッキーなオーバーハンドの左を繰り出す」と高く評価する一方、圧倒的なテクニックを誇り、アウトボクシングで着実に勝ちを重ねてきた39歳のレジェンドのファイトスタイルの変化についても触れている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集