[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、15得点7リバウンド 3試合ぶりの2ケタ得点で22季連続PO出場の強豪撃破

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズの八村塁が20日(日本時間21日)の本拠地スパーズ戦に12試合連続でスタメン出場、前回対戦では122-124で敗れた相手に15得点、7リバウンド、2アシストをマーク。チームは138-132で勝利し、雪辱を果たした。

八村塁【写真:AP通信】
八村塁【写真:AP通信】

本拠地スパーズ戦で12試合連続スタメン出場

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズの八村塁が20日(日本時間21日)の本拠地スパーズ戦に12試合連続でスタメン出場、前回対戦では122-124で敗れた相手に15得点、7リバウンド、2アシストをマーク。チームは138-132で勝利し、雪辱を果たした。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 ロード3連戦を終え、本拠地に帰ってきたウィザーズ。八村はこの試合でオールスター出場7回を誇るラマーカス・オルドリッジとマッチアップ。スパーズとの前回対戦では16点8リバウンドを記録していた八村だが、この試合は第1クォーター(Q)序盤に2つのパーソナルファウルを記録し、わずか3分ほどで早々とベンチへ下がった。

 第2Q残り7分21秒に再びコートに立った八村は、立て続けに2ポイントシュートを決めて着実に得点を重ねる。前半終了間際にはアイゼア・トーマスからのパスに反応して豪快なダンクも叩き込んだ。ウィザーズはこの試合でもハイスコアリングゲームを展開し、63-69の3点ビハインドで前半を終える。

 後半も開始からコートに立った八村だったが、前半に犯した2つ目のパーソナルファウルと同じような形で、デマー・デローザンにファウルを誘発され3つ目のパーソナルファウルを記録。それでもオフェンス面では積極的にゴール下に攻め込み、フリースローを獲得したり、レイアップを沈めるなどして3試合ぶりの2桁得点を記録した。

 いい流れを維持する八村は、ディフェンシブリバウンドを獲るとそのままペイント付近までボールを運び、右コーナーでオープンだったデイビズ・ベルターンズへパス。元スパーズのベルターンズがこれをきっちり沈めて9点のリードを得た。しかしデローザンとのマッチアップで3度ファウルを犯した八村は、モリッツ・ワグナーとの交代でベンチに下がった。

 八村は第4Qの残り5分で再びコートに戻り、最後まで体を張ったプレーを続けた。最後まで点の取り合いとなったが、ウィザーズがリードを守り切り、22季連続でプレーオフ(PO)出場の強豪から価値ある勝利を手にした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集