[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、ついに最強ランク1位の偉業 米専門メディア「BOX界で最も完璧な攻撃力」

2020年に期待「まだ我々は最高のイノウエを目撃していないかもしれない」

 一方で、WBSSを舞台にしたことに伴う対戦相手のクオリティの高さも評価対象になったとしている。「これがイノウエにとっては知名度の高いファイター、あるいは、118ポンド(バンタム級)のトップ5相手からの4連勝となった。そして、4団体のタイトルの半分を保持しているのだ」と紹介した。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 井上が倒してきたジェイミー・マクドネル(英国)、フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)、エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)、そしてドネアはいずれも世界王者経験者。さらに、寸評では今後の対戦候補として、WBC王者ノルディ・ウーバーリ(フランス)、WBO王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)、前WBC王者ルイス・ネリ(メキシコ)を候補に挙げている。

「ドネア戦では彼は教訓を手にした。それはまだ我々が最高のイノウエを目撃していないことを意味しているかもしれない。トップランクは対戦相手を高め続けるのか、バンタム級で彼の挑戦は終わるのか、マネーの魅力で昇格するのか? 2020年は日本の巨人にとって興味深いものになるだろう」

 米興行大手トップランクと共同プロモート契約を結んだ井上。2020年はモンスターの年になると、期待されていた。権威ある米専門誌「ザ・リング」のPFPでは世界3傑に浮上したばかり。今回はそれをさらに上回るような評価となり、モンスターの世界的な名声の高さが伺える結果となった。

【「ボクシングシーン.com」選定のPFP最新版】

1位 井上尚弥(日本)
2位 サウル・“カネロ”・アルバレス(メキシコ)
3位 ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)
4位 テレンス・クロフォード(米国)
5位 アレクサンダー・ウシク(ウクライナ)
6位 エロール・スペンスJr.(米国)
7位 マニー・パッキャオ(フィリピン)
8位 ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)
9位 ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)
10位 ジョシュ・テイラー(英国)

(THE ANSWER編集部)





1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集