[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、自己ワースト4得点も…課題は2戦290失点のディフェンス「シーズンが決まる」

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズの八村塁が2日(日本時間3日)のティンバーウルブズ戦にスタメン出場。NBAデビューからここまで4試合連続での2ケタ得点を達成していた八村だが、この日は22分29秒の出場で4得点にとどまった。チームもディフェンスが機能せず、109-131で敗れた。大敗後のインタビューで早くも、「ディフェンス次第でシーズンが決まる」と危機感を口にした。

シュートを決める八村塁【写真:AP】
シュートを決める八村塁【写真:AP】

ここ2試合で290失点とディフェンスが崩壊

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズの八村塁が2日(日本時間3日)のティンバーウルブズ戦にスタメン出場。NBAデビューからここまで4試合連続での2ケタ得点を達成していた八村だが、この日は22分29秒の出場で4得点にとどまった。チームもディフェンスが機能せず、109-131で敗れた。大敗後のインタビューで早くも、「ディフェンス次第でシーズンが決まる」と危機感を口にした。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 ロケッツ戦では自己最多となる23得点あげた八村だったが、この日は攻守両面で歯車がかみ合わず。試合後に記者から質問を受けた八村は、オフェンスは悪くないと前置きしたうえで、「ディフェンスとリバウンド」について言及した。

「準備できていなかったとは言わないけれど、ディフェンスはよくなかった。ディフェンスとリバウンドが課題。チームで勝っていくにはどれだけ守れるか。オフェンスはこのチームは大丈夫だと思うので、ディフェンスでどれだけやれるかによってこれからの勝ち負けシーズンが決まるんじゃないかなと思います」

 前節のロケッツ戦で159失点。この試合でも131点を奪われたディフェンスと、2試合合計で対戦相手の91リバウンドに対して、79リバウンドしか取れなかった点を指摘。「ディフェンスのところでチームでしっかりやるという気持ちが見られなかったのが敗因だったと思います」とチーム全体のディフェンスへの意識の低さも口にした。

 次に対戦するピストンズには、今シーズン1試合平均18.7リバウンドを記録し、NBAのリバウンド王を3度受賞した経験を持つアンドレ・ドラモンドがいる。リバウンドという課題克服に向けたいいテストになりそうだ。

(THE ANSWER編集部・土屋 一平 / Ippei Tsuchiya)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集