[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦、今季世界最高109.60点で首位発進 一人別次元の貫録、SPで2位に20点超大差

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダは25日(日本時間26日)、男子ショートプログラム(SP)で羽生結弦(ANA)が今季世界最高となる109.60点をマークし、堂々の首位発進を飾った。

羽生結弦【写真:Getty Images】
羽生結弦【写真:Getty Images】

ノーミス演技で女子の紀平とともに男女エースが首位発進

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダは25日(日本時間26日)、男子ショートプログラム(SP)で羽生結弦(ANA)が今季世界最高となる109.60点をマークし、堂々の首位発進を飾った。2位のカムデン・プルキネン(米国)が89.05点で、20.55点の大差をつけた。ナム・グエン(カナダ)が84.08点で3位。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 昨シーズンと同じ「秋によせて」を演じる羽生。しかし、クオリティは一段と高まっていた。冒頭の4回転サルコウを綺麗に決めると、得意の3回転アクセルも綺麗に着氷。4回転―3回転の連続トウループこそ、やや堪えた印象だったが、以降は持ち前の美しいステップ、スピンで加点を引き出し、会場を惹き込んだ。滑り終えると、大歓声とともにくまのプーさんが銀盤を黄色く染めた。

 演技後はクールな表情だったが、キスアンドクライで109.60点の得点が表示されると、ようやく笑みを見せた。スコアは今季世界最高得点。一人別次元の演技を披露し、女子の紀平梨花(関大KFSC)とともに男女の日本のエースが、首位発進を決めた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集