[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ウッズ、驚異の首位発進「クレイジーな1日」 4722日ぶり日本に「待ち遠しかった」

米男子プロゴルフ(PGA)ツアーで日本初開催のZOZOチャンピオンシップは24日、千葉・アコーディア習志野CC(7041ヤード、パー70)で開幕した。米ツアー歴代2位の81勝を誇るタイガー・ウッズ(米国)が、2006年11月のダンロップ・フェニックス以来4722日ぶりに日本開催ツアー出場。9バーディー、3ボギーの64で回り、6アンダーでウッドランドと並ぶ首位発進となった。日本人最多ツアー5勝の松山英樹(LEXUS)は、首位と1打差の5アンダーで3位、今季日本ツアー2勝の石川遼(カシオ)は2アンダーで7位とした。

6アンダーで首位発進となったタイガー・ウッズ【写真:荒川祐史】
6アンダーで首位発進となったタイガー・ウッズ【写真:荒川祐史】

日本開催男子ツアーの初日では史上最多1万8536人集結

 米男子プロゴルフ(PGA)ツアーで日本初開催のZOZOチャンピオンシップは24日、千葉・アコーディア習志野CC(7041ヤード、パー70)で開幕した。米ツアー歴代2位の81勝を誇るタイガー・ウッズ(米国)が、2006年11月のダンロップ・フェニックス以来4722日ぶりに日本開催ツアー出場。9バーディー、3ボギーの64で回り、6アンダーでウッドランドと並ぶ首位発進となった。日本人最多ツアー5勝の松山英樹(LEXUS)は、首位と1打差の5アンダーで3位、今季日本ツアー2勝の石川遼(カシオ)は2アンダーで7位とした。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 43歳のウッズは、今季の海外メジャー・マスターズで11年ぶりのメジャー通算15勝目を挙げて完全復活。世界ランク1位に長く君臨したかつての絶対王者が日本にやってきた。「タイガー!」「かっこい~!」「ありがとう!」などと声援を受けながらスタート。常に数千人の大ギャラリーを引き連れるなか、3連続ボギーでスタートしたが、怒涛の9バーディーで巻き返した。

 資料の残る1992年以降では、2010年中日クラウンズの1万3252人を超え、日本開催の男子ツアーでは初日の最多ギャラリー数を更新する1万8536人が集結した。ウッズは出場7戦目となった日本開催ツアーで勝てば、05年11月のダンロップ・フェニックス以来5089日ぶりの3勝目となる。

ラウンド後、ウッズは国内外のメディアの取材に対応。以下、主な一問一答。

――3連続ボギー発進の後、残り15ホールで9アンダー。何を変えた?

「(前半)ターンまでにイーブンに戻せればと思っていたが、さらに1つ伸ばして後半を迎えられた。パットのフィーリングが良かったが、最初の3ホールではチャンスにつけられなかった。アイアンの調子も良かったので、グリーンを積極的に攻められる位置につけることができたらいくつかバーディーを決められると思っていたが、結果それ以上決めることができた」

――タフなスタートから良いスコアで終わらせるのは、また別の満足感がある?

「より大変です。もちろん良いスタートを切るに越したことはないが、今日は出だしが悪かった。次から次へと悪いショットが続き、極め付けは12番の3番ウッド。見通しは良くなかった」

――久々のラウンド。満足度は? 明日何を変えたい?

「スタート後はショットの調子が良いと感じた。あとはパッティングがとても良く、しっかりと転がすことができていた。前半は7番以外、全てがスライスラインだったと思うが、こんなラウンドは本当に久々だと9番でキャディーのジョイーに話していた。クレイジーだったよ。今日だけでスライスラインを7つか8つ決めたと思う。クレイジーな1日だった」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集