[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

18歳で始めたラグビー ロシアの変わり種FLが持つ、元格闘家とコーカサスの誇り

もともとは格闘家「18歳までラグビーボールを持ったことさえなかった」

 FWの第3列の1人として、今大会では3試合全てに出場し、圧倒的な運動量でロシアの前線を支える。ラックに飛び込んでくる相手選手の防波堤となったり、時にはボールを持って勢いよく飛び込み、アタックの道をこじ開ける。ひたむきにプレーし続けるガジエフだが、ラグビーを始めたのは18歳の時だったという。今から7年前の話だ。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

「元々はロシアで盛んなサンボという格闘技をやっていました。K-1も少し。18歳までラグビーボールを持ったことさえなかったんだけど、サンボをやりながらマラソン、バスケ、短距離など、いろいろなスポーツをしていました。ある時、ラグビーをやってみないかと誘われてやってみたところ、目に留まったんです」

 格闘家だった経験は、もちろんラグビーをする上で役立っているという。タックルをする時の当たりの強さ、タックルをした後やモール・ラックなどに入った後の立ち上がりの速さ、次にどんな動きをするか決定する判断力の速さ。これらはすべて格闘技の経験に基づくという。

 現在はロシアのクラブチームとプロ契約をしているが、このW杯をきっかけに海外リーグから声がかかれば「ぜひチャレンジしてみたい」と向上心を失わない。ロシアには荒削りな若い選手が多いが、もしガジエフをはじめとする若手選手が海外でプレーし、勝者のメンタリティーを身に付けたら、ロシア代表は将来侮れない存在となりそうだ。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集