[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桃田賢斗が帰国 4大会連続Vで敵無しも…本人は貪欲「決め切れないところがまだある」

中国、韓国で試合を行ったバドミントン日本代表が30日に帰国し、両大会で優勝を飾った男子シングルス世界ランク1位の桃田賢斗(NTT東日本)は「疲労との戦いもありながら、2週連続で勝ち抜けたことは、自信になった」と手応えを語った。

国際大会2連勝を飾り帰国した桃田賢斗【写真:平野貴也】
国際大会2連勝を飾り帰国した桃田賢斗【写真:平野貴也】

バドミントン日本代表が中国、韓国での試合から帰国

 中国、韓国で試合を行ったバドミントン日本代表が30日に帰国し、両大会で優勝を飾った男子シングルス世界ランク1位の桃田賢斗(NTT東日本)は「疲労との戦いもありながら、2週連続で勝ち抜けたことは、自信になった」と手応えを語った。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 世界選手権に次ぐグレードのBWFワールドツアー最高峰のスーパー1000という格付けの常州・中国オープンでは、地元Vを目指した2016年リオデジャネイロ五輪王者のチェン・ロン(中国)や、ジャパンオープンでも激闘を繰り広げた好敵手アンソニー・シニスカ・ギンティン(インドネシア)との熱戦に勝利。格が2段階下がるスーパー500の韓国オープンは、5試合すべてをストレートで勝った。

 日本代表の朴柱奉ヘッドコーチによれば、韓国オープンの準々決勝以降は、腹筋に軽度の痛みが出たため、攻撃を自重した戦いになったという。桃田は「韓国では、すごく疲れていて、集中できていない感じもあったけど、要所を押さえて自分のリズムでプレーできた。準備の仕方、試合中の『ここで1点欲しい』という場面でのプレーは、少しずつつかめていると思う」と疲労や痛みを抱えながらの連続優勝を振り返った。

 桃田は、4大会連続の優勝となった。7月にダイハツヨネックスジャパンオープンを連覇した後、出場を予定していたタイオープンは回避したが、8月の世界選手権も連覇。そして、9月の常州・中国オープンでも連覇を果たし、続けて韓国オープンを制した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集