[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

本田真凜、今季初戦は5位 ジャンプ乱れるも優雅に舞う 男子では島田高志郎が2位

フィギュアスケートのネーベルホルン杯は28日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)6位の本田真凜(JAL)は115.93点、合計174.01点で5位だった。

本田真凜【写真:Getty Images】
本田真凜【写真:Getty Images】

ネーベルホルン杯、合計174.01点で5位

 フィギュアスケートのネーベルホルン杯は28日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)6位の本田真凜(JAL)は115.93点、合計174.01点で5位だった。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 2019-20シーズンの初戦を迎えた本田。SPではミスが出て6位で迎えたフリー。青の新衣装に身を包んでの演技は、冒頭の3回転ルッツ、続くフリップ―トウループの連続3回転も決めたが、後半にややジャンプが乱れた。それでもスピン、ステップは高いレベルを獲得した。

 優勝はマライア・ベル(米国)、2位はキム・イェリム(韓国)、3位はニコル・ショット(ドイツ)。また男子では島田高志郎(木下グループ)が2位に入った。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集