[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

西純矢&石川昂弥 投打のヒーローの肩組み“自撮り2ショット”にWBSCが脚光

18歳以下の世界一を決める「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)に参戦中の野球日本代表「侍ジャパン」は3日、パナマと対戦。6回途中降雨コールドで5-1で破り、スーパーラウンド進出を決めた。先発した西純矢(3年・創志学園)が6回1失点と好投。打っては4番に座る石川昂弥(3年・東邦)が高校通算55号となる決勝3ランを放った。

野球日本代表・石川昂弥【写真:Getty Images】
野球日本代表・石川昂弥【写真:Getty Images】

パナマ戦で勝利に導いた2人がキュートな笑顔で1枚の写真に

 18歳以下の世界一を決める「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)に参戦中の野球日本代表「侍ジャパン」は3日、パナマと対戦。6回途中降雨コールドで5-1で破り、スーパーラウンド進出を決めた。先発した西純矢(3年・創志学園)が6回1失点と好投。打っては4番に座る石川昂弥(3年・東邦)が高校通算55号となる決勝3ランを放った。大会を主催するWBSCは、投打のヒーローが肩を組む自撮り2ショットを公開し、脚光を浴びせている。

【PR】「もっと早く出会っていれば良かった」― フクヒロペアも選んだスポーツブラ「CW-X」をさらに詳しく知るならこちら

 投打の主役がそろい踏みした。ドラフト候補右腕の西が6回を1失点に封じ、全試合で4番を打つ石川が1-1の5回に左翼席へ、決勝の3ラン。直後の6回に雨が強まり、降雨コールドに。文字通り勝利を引き寄せる一撃となった。

 WBSCはヒーローとなった2人に脚光。「ジュンヤ・ニシとコウヤ・イシカワ」と題し、公式ツイッターで2人が肩を組み自撮りする2ショットを公開した。2人は笑みを浮かべ、それぞれの直筆で自身のサインを書き込んでいる。

 佐々木朗希(3年・大船渡)と奥川恭伸(3年・星稜)のダブルエースもブルペンで登板し、スーパーラウンドへ向けて、状態を上げてきている。柱が揃い、世界一へ視界は良好だ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集