[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、海外メディアの直撃に語った正念場チェコ戦の鍵「勝つためには…」

バスケットボールのワールドカップ(W杯・DAZNで生配信)で黒星発進した世界ランク48位の日本は2日、2試合目となる3日の同24位・チェコ戦に向けて試合会場で練習した。1時間半の練習で後半30分間を報道陣に公開。前日のトルコ戦では67-86で敗れ、1次リーグ突破には勝利が必要だ。相手の厳しいマークで15得点となったエースの八村塁(ウィザーズ)は海外メディアの直撃を受け、1次リーグ突破への鍵を挙げた。

練習後、取材に応じた八村塁【写真:浜田洋平】
練習後、取材に応じた八村塁【写真:浜田洋平】

3日のチェコ戦へ練習公開、1次L最終戦の米国戦を前に崖っぷち

 バスケットボールのワールドカップ(W杯・DAZNで生配信)で黒星発進した世界ランク48位の日本は2日、2試合目となる3日の同24位・チェコ戦に向けて試合会場で練習した。1時間半の練習で後半30分間を報道陣に公開。前日のトルコ戦では67-86で敗れ、1次リーグ突破には勝利が必要だ。相手の厳しいマークで15得点となったエースの八村塁(ウィザーズ)は海外メディアの直撃を受け、1次リーグ突破への鍵を挙げた。

【特集】「日本全体にインパクトを」 代表主将が見据える日本ラグビー界の未来 / ラグビー リーチ・マイケル選手(GROWINGへ)

 八村は、前日に発熱で午前練習を回避した影響も感じさせずに調整。笑顔を見せながら、念入りに3ポイントシュートを確認し、淡々とメニューをこなした。トルコ戦では常に2人以上がマークに張り付き、自分のプレーをさせてもらえなかったエース。5日の第3戦に世界トップの米国戦が待ち構えているだけに、チェコから勝ち点2を奪わなければならない。

 チェコは八村と同じウィザーズからブルズに移籍した身長201センチの大型PGトマシュ・サトランスキーが、唯一の現役NBAプレーヤー。米国戦では計28分の出場で両軍最多の17得点をマークし、米国相手にも存在感を発揮した。さらに217センチのCオンドレイ・バルビンもゴール下に君臨する。注目度の高さを表すように八村は練習後、海外メディアの取材陣に囲まれ、チェコ戦の鍵を2つ挙げた。

「ディフェンスとリバウンド。僕たちは他の国と比較して小さい。でも、もっとフィジカルになることができると思う。勝つためにはディフェンスとリバウンドがカギになると思う」

 トルコ戦、自身はチーム最多の7リバウンドだったが、シュートに精彩を欠いたチームはリングに弾かれたボールをことごとく奪い取られた。総リバウンド数は26-44と圧倒されて敗北。日本の平均身長は199センチ、チェコは200センチと大差はないものの、トルコも200センチだった。単純な数字だけでは測れない差がある。

 ディフェンスの脆さは強化試合から抱えていた課題。特にスピード感で劣るファジーカス・ニックを突かれることが多い。渡邊雄太(グリズリーズ)ら他の選手との連動してカバーしていかなくてはならない。八村はチェコをイメージしながら汗を流し、貴重な中1日を過ごした。その後の日本メディアの取材では、こう語った。

「欧州だけど、大きい選手もいっぱいいて、体を張ってやってくるチーム。ディフェンスの部分。相手はPGが中心と思うので、中心選手に気持ち良くプレーさせないこと意識してやっていた」

 トルコ戦では常に2人がマークに張り付く“八村封じ”の策にはまり、チームは打開策を示せなかった。日本は5度目の出場となるW杯で欧州相手に8戦全敗。八村は歴史を変え、2次リーグ突破に望みをつなぐためにも「(自分は)ミドルレンジしか打てない選手じゃないので、僕もスマートにやらないといけない。次の試合はどうなるかわからないけど、確率的には昨日みたいなディフェンスしてくる可能性が高い。僕も頭を使ってやりたい」と必勝を誓った。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

FIBAバスケットボールワールドカップ2019 日本代表戦・全試合ライブ中継

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
FIBAバスケットボールワールドカップ2019 日本代表戦・全試合ライブ中継
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集