[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桃田賢斗が25歳の決意、もう視線は前へ 世界選手権V2は「そんなこともあったなと…」

日本バドミントン協会が主催するファン感謝イベント「バドミントンフェスタ2019」が1日に品川区立総合体育館で開催され、世界選手権で男子シングルスの2連覇を飾った桃田賢斗(NTT東日本)は、トークショーで「これから五輪レースが続いて、きついところもあると思うけど、今日は楽しく話すことができたので、また頑張っていきたい」とファンからの声援を受けて気力を蓄えた様子だった。なお、来年のダイハツヨネックスジャパンオープンは、2020年9月22日~27日に横浜アリーナで開催されることが発表された。

25歳の誕生日を祝福される桃田賢斗【写真:平野貴也】
25歳の誕生日を祝福される桃田賢斗【写真:平野貴也】

「バドミントンフェスタ2019」に登場、ファン1200人が集まる

 日本バドミントン協会が主催するファン感謝イベント「バドミントンフェスタ2019」が1日に品川区立総合体育館で開催され、世界選手権で男子シングルスの2連覇を飾った桃田賢斗(NTT東日本)は、トークショーで「これから五輪レースが続いて、きついところもあると思うけど、今日は楽しく話すことができたので、また頑張っていきたい」とファンからの声援を受けて気力を蓄えた様子だった。なお、来年のダイハツヨネックスジャパンオープンは、2020年9月22日~27日に横浜アリーナで開催されることが発表された。

【特集】「日本全体にインパクトを」 代表主将が見据える日本ラグビー界の未来 / ラグビー リーチ・マイケル選手(GROWINGへ)

 トークイベントの最後には、この日25歳の誕生日を迎えた桃田にサプライズのケーキが登場。世界選手権の表彰台の上で撮影された写真がデザインされたケーキをチームメートに食べさせてもらった桃田は「こんなに大勢の人に祝ってもらったことは、ない。良い1年にできるように頑張っていきたい」と喜んだ。

 桃田は、いまや、バドミントン界の広告塔だ。2020年東京五輪の金メダル候補として期待は高く、人気、注目度ともに上昇中。イベントでは、登場するなり、黄色い声援を浴びた。スイスのバーゼルで行われ、8月25日に閉幕した世界選手権では、圧倒的な強さを見せた。全6試合をストレートで勝利。1ゲームも取られることなく、勝ち続けた。決勝でアンダース・アントンセン(デンマーク)を破った試合は、日本国内で生中継された。国内のバドミントンファンにとっては、桃田の試合をテレビで見られるだけでなく、自らの好きな競技が世の中に高く評価されることも喜び。競技普及への貢献度は高い。

 1200人が集ったファン感謝イベントは、桃田にとって、自らを支える人たちに直接触れる貴重な機会。イベント後の取材では「(東京五輪を迎える年齢である25歳の)初日から盛大に祝ってもらい、ケーキも食べて、エネルギーをもらった。今年1年、厳しいと思うけど、一つひとつ自分らしく頑張りたい。普段、ファンと接する機会はないので、笑顔で会話ができて新鮮で楽しかった。たくさんのファンの人に応援されていることを実感できたので、また皆さんに良い試合を見せられるように頑張りたい」と、今後も活躍し続けることを誓った。

 世界選手権の2連覇からまだ1週間しか経っていないが、桃田は「優勝した瞬間が一番嬉しくて、日にちが経つと、そんなこともあったなという感じになり、もう次に切り替えている」と次を見据えている。次戦は、17日開幕の中国オープン。BWFワールドツアースーパー1000という、世界選手権に次ぐ格付けの大会だ。初戦の相手は、2008年、2012年五輪連覇のレジェンド、林丹(リン・ダン=中国)。いきなりファン注目のカードだが、誰が相手でも立ち止まるわけにはいかない。大目標の五輪は、まだ1年続く五輪レースの先。25歳の充実した1年を地道に勝ち続けた先に、栄光は待っている。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

FIBAバスケットボールワールドカップ2019 日本代表戦・全試合ライブ中継

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
FIBAバスケットボールワールドカップ2019 日本代表戦・全試合ライブ中継
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集