[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、「PFP最強」を米重量級王者も後押し 賛辞連発「もっと注目が集まるべき」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝で5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)と激突するWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)。パウンド・フォー・パウンド(PFP)で1位に推す専門家も登場する中、“マジックマン”の異名で知られたかつてのライトヘビー級の伝説の王者もPFP最強の男としてクローズアップしている。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

元ライトヘビー級3団体王者ターバーが井上をPFP最強認定

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝で5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)と激突するWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)。パウンド・フォー・パウンド(PFP)で1位に推す専門家も登場する中、“マジックマン”の異名で知られたかつてのライトヘビー級の伝説の王者もPFP最強の男としてクローズアップしている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 米ボクシング専門メディア「ファイトハブTV」の公式YouTubeに登場したのはアントニオ・ターバーだった。

 2000年代にWBA、WBC、IBFで世界ライトヘビー級王者となり、2006年には世界王者役で映画「ロッキー・ザ・ファイナル」にも出演した米国のレジェンドは「誰がPFP最強のファイター?」という質問を受けた。

「自分は人気投票通りにはいかないね。軽量級で無敵の選手だよ。名前は知らないんだけど…名前は…名前はわからないけれど、彼はどんな相手もノックアウトを続けていて、3階級制覇王者で…イノウエ? ナオヤ・イノウエ? そうだ!」

「Naoya Inoue」の名前は記憶していなかった名王者だが、ジェイミー・マクドネル(英国)、フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)、エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)というバンタム級の世界王者を3人まとめて、わずか計441秒でマットに沈めた鮮烈なKO劇は脳裏に焼き付いていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集