[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

パッキャオ引退をトレーナーが示唆 前戦で珍しく疲労「これが最後かもしれない」

ボクシングの6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)が20日(日本時間21日)、米ラスベガスで行われたWBA世界ウェルター級スーパー王者キース・サーマン(米国)との統一戦で2-1の判定勝ちを。同級史上最年長世界王者となった40歳だったが、長年トレーナーを務めるフレディ・ローチ氏はフルラウンド死闘の被弾数などの“異変”から、サーマン戦を最後に現役引退の可能性を明かしている。

キース・サーマンとの統一戦で判定勝ちしたマニー・パッキャオ【写真:Getty Images】
キース・サーマンとの統一戦で判定勝ちしたマニー・パッキャオ【写真:Getty Images】

名参謀ローチ氏の発言を母国メディア紹介「パッキャオ引退の時と示唆」

 ボクシングの6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)が20日(日本時間21日)、米ラスベガスで行われたWBA世界ウェルター級スーパー王者キース・サーマン(米国)との統一戦で2-1の判定勝ちを。同級史上最年長世界王者となった40歳だったが、長年トレーナーを務めるフレディ・ローチ氏はフルラウンド死闘の被弾数などの“異変”から、サーマン戦を最後に現役引退の可能性を明かしている。フィリピン英字メディア「ラプラー」が「ローチはパッキャオが引退する時と示唆する」と報じている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 10歳年下の無敗王者を下し、健在ぶりを見せたアジアボクシング界最大の星パッキャオ。しかし、長年指導してきた名参謀ローチ氏は初回にダウンを奪った後のスローダウンを見抜いていた。記事によると、こう語ったという。

「彼はあの試合で少し疲労が見えた。それはとても珍しいことなんだ。もしかすると、トレーニングコーチがオフを多く与えすぎたのかもしれない」

 2-1の判定にもつれ込む接戦ながら、勝利は揺るがずと確信したというローチ氏。一方で、フルラウンドの死闘でパッキャオの“異変”を指摘したという。

「彼の状態は良さそうだ。あまりに多くのパンチを被弾しすぎたので、私は少しばかり心配している。次に話をする際には、腰を据えて今後について話をするかもしれない。これが最後かもしれない。次戦は存在しないかもしれないよ」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集