[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

全米OPでコーチ助言解禁を検討 トップ選手も賛否、フェデラーは「完全に反対だ」

現在、ウィンブルドンで熱戦が繰り広げられ、トップ選手の技でファンを魅了しているテニスのグランドスラム。最終戦は来月、全米オープンが開幕を迎えるが、異例の施策が導入される可能性が高まっているという。通常、公式戦では試合中にコーチをコート内に入れず、選手に対するアドバイスを禁じられているが、今大会からコーチングの解禁を検討。これを受け、「BIG4」と呼ばれるスーパースターも導入の是非を巡り、意見が真っ二つに分かれている。米テニス専門サイト「テニス.com」が報じた。

4試合中のコーチング解禁検討と米専門サイト報道…ジョコビッチは「クールな案」

 現在、ウィンブルドンで熱戦が繰り広げられ、トップ選手の技でファンを魅了しているテニスのグランドスラム。最終戦は来月、全米オープンが開幕を迎えるが、異例の施策が導入される可能性が高まっているという。通常、公式戦では試合中にコーチをコート内に入れず、選手に対するアドバイスを禁じられているが、今大会からコーチングの解禁を検討。これを受け、「BIG4」と呼ばれるスーパースターも導入の是非を巡り、意見が真っ二つに分かれている。米テニス専門サイト「テニス.com」が報じた。

 記事では、全米オープンはスタンドにいるコーチと同じサイドになった場合、選手がアドバイスを求めることを許可し、反対側のコートでプレーしている場合、ジェスチャーでのコミュニケーションを許可する方針であることを伝えている。

 試合中に信頼する指導者の助言を得られることはテニス選手にとっては恩恵があるのかと思いきや、グランドスラム優勝18回で、開催中のウィンブルドンでも単独トップの8度の優勝を誇るロジャー・フェデラー(スイス)の意見は違った。

「私はそれに完全に反対だ。試合になれば自分しか頼るものはいない。それが、テニスの持つクールさというものだと思う。コーチングによる恩恵を誰もが同じように被るというわけでもない。それが、利益になるかどうかもわからない」

 記事では、コート上で絶対的な強さを見せる王者らしい考えを見せながら、ファン目線では一定の理解も示している。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集