[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

田中将大の1球が物議!? 球審の“真ん中ボール判定”に米波紋「批判受けて当然だ」

米大リーグのヤンキース・田中将大投手は4日(日本時間5日)、敵地ブルージェイズ戦に先発。6回4失点で5敗目を喫したが、この試合で球審のストライクを巡る判定に米メディアから「批判されてしかるべき」と疑問の声が上がっている。真ん中付近の投球をボールとコールされた“疑惑の判定”を米レポーターも動画付きで公開。「これは良い判定ではない」と苦言を呈している。

ブルージェイズ戦に先発したヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
ブルージェイズ戦に先発したヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

ヘルナンデス球審の“疑惑の判定”に脚光、米レポーター「少ーーーし外れ…ん?」

 米大リーグのヤンキース・田中将大投手は4日(日本時間5日)、敵地ブルージェイズ戦に先発。6回4失点で5敗目を喫したが、この試合で球審のストライクを巡る判定に米メディアから「批判されてしかるべき」と疑問の声が上がっている。真ん中付近の投球をボールとコールされた“疑惑の判定”を米レポーターも動画付きで公開。「これは良い判定ではない」と苦言を呈している。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

「MLBファンが糾弾、エンジェル・ヘルナンデス審判がヤンキース対ブルージェイズ戦で厳しい判定」と特集したのは、米紙「USAトゥデー」のスポーツ専門サイト「FOR THE WIN」だった。

 記事では、ヘルナンデス球審について「控えめにいってもMLBの試合の審判によく苦戦している」と指摘した上で、この試合も「傾向は続いた。彼は明らかなストライクを誤審した」と紹介した。

 一例に挙がっているのは、田中の投球だ。1安打無失点と好投を続けていた5回先頭、右打者グリチェクを迎えた1ストライクからの2球目。内角高めに構えた捕手に対し、投球はやや逸れたが、結果、ほぼ真ん中を通過。ストライクと思われたが、球審からコールはない。それに驚いた様子の捕手サンチェスは驚いた様子で振り返り、マウンドの田中も一瞬固まったような動きを見せた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集