[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ボストンマラソンで驚異のタイム 61歳女性が3時間5分の快走 米称賛「カッコいい」

今年で123回目を迎えた伝統のボストンマラソンが15日、行われた。昨年大会覇者でプロ転向後初戦だった川内優輝(あいおいニッセイ同和損害保険)は2時間15分29で17位。日本勢の最高は昨年のアジア大会覇者・井上大仁(MHPS)で2時間11分53秒で12位だった。一方で多彩な参加者が出場し、大会を盛り上げたが、米メディアは61歳にして3時間5分18秒の好タイムをマークした女性ランナーに脚光。海外のマラソン愛好者からも拍手が降り注いでいる。

ジョーン・ベノイト・サミュエルソン【写真:AP】
ジョーン・ベノイト・サミュエルソン【写真:AP】

川内ら出場、伝統の大会で61歳の女性ランナーに脚光

 今年で123回目を迎えた伝統のボストンマラソンが15日、行われた。昨年大会覇者でプロ転向後初戦だった川内優輝(あいおいニッセイ同和損害保険)は2時間15分29で17位。日本勢の最高は昨年のアジア大会覇者・井上大仁(MHPS)で2時間11分53秒で12位だった。一方で多彩な参加者が出場し、大会を盛り上げたが、米メディアは61歳にして3時間5分18秒の好タイムをマークした女性ランナーに脚光。海外のマラソン愛好者からも拍手が降り注いでいる。

【PR】「もっと早く出会っていれば良かった」― フクヒロペアも選んだスポーツブラ「CW-X」をさらに詳しく知るならこちら

 61歳とは思えない、若々しい快走だった。米国のジョーン・ベノイト・サミュエルソンさんは被っていたキャップを脱ぎ、沿道の声援に応えながらゴール。最後まで力強い走りは衰えなかった。

 米紙「ザ・ボストン・グローブ」を発行するボストン・グローブ・メディアパートナーズが運営するウェブサイト「ボストン・コム」では「ボストンマラソン2019から、見るべき10のシーン」の一つとして、サミュエルソンさんの力強いランをピックアップ。サミュエルソンさんは1979年大会の優勝者で、1984年のロサンゼルス五輪の金メダリストでもある、かつてのマラソン女王の健在ぶりを伝えている。

「1979年に当時21歳でこのレースに優勝したジョーン・ベノイト・サミュエルソンが、当時の記録から40分プラスしたタイム以内にゴールするという、目標を達成した。61歳の彼女のタイムは3時間5分18秒で、1マイル7.01分のペースだった」

 記事では21歳当時のタイムからわずか40分遅れでゴールしたことに拍手を送っている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集