[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

パッキャオ18歳愛息、鮮烈ワンツーで2回KOデビュー ファン喝采「父譲りの左だ!!」

ボクシングの6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)の愛息がアマチュア戦でKOデビューを飾った。米メディアが試合を報じ、パッキャオ自身も鮮烈なワンツーで相手を沈めたシーンを自身のインスタグラムで公開すると、ファンも「父譲りの左だ!!!」「この父にしてこの子あり」と歓喜している。

マニー・パッキャオ【写真:Getty Images】
マニー・パッキャオ【写真:Getty Images】

18歳愛息ジミュエルがアマ戦でデビュー、「この父にしてこの子有り」の声も

 ボクシングの6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)の愛息がアマチュア戦でKOデビューを飾った。米メディアが試合を報じ、パッキャオ自身も鮮烈なワンツーで相手を沈めたシーンを自身のインスタグラムで公開すると、ファンも「父譲りの左だ!!!」「この父にしてこの子あり」と歓喜している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 最強のDNAを持つファイターが堂々のデビューを飾った。米放送局「ABC」の番組「グッド・モーニング・アメリカ」電子版によると、パッキャオを父に持つ18歳のジミュエルは13日にフィリピンのケソンで行われたアマチュア戦でデビューし、相手を2回KOしたという。「ジミュエルは美しいワンツーの連打で倒し、MMAのケージを取り囲む観客は熱狂した」とレポートしている。

 これを観戦していたのか、パッキャオは自身のインスタグラムで「息子が初のアマチュア戦」とつづり、実際の映像を公開。鋭いワンツーでダウンを奪い、観客が熱狂するシーンが収められている。目の当たりにしたファンから「グレートなKO」「この父にしてこの子あり」「父親譲りの左だ!!!」「ナイスパワー!!!!」と父と重ね合わせ、興奮のコメントが相次いでいた。

 まだ18歳というジミュエル。今後どんなキャリアを築いていくのか、偉大な父を持つとあって注目されそうだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集