[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロシア代表選考はなぜ揺れた? ファン混乱の騒動に、「審議時間の不足」が背景か 

ロシアスケート連盟は27日、3月のフィギュアスケート世界選手権(埼玉)の女子代表3選手を発表。アリーナ・ザギトワ、ソフィア・サモドゥロワ、エフゲニア・メドベージェワに決まった。エリザベータ・トゥクタミシェワに加え、25日に一度は代表選手として発表されていたスタスラニワ・コンスタンチノワが補欠となった。最後はコーチ評議会の投票の結果、一転した決着に。しかし、一連の選出を巡ってはロシア国内で波紋を呼び、騒動となっていた。いったいなぜ、今回の代表発表は揺れたのか――。

メドベージェワ(左)とトゥクタミシェワ【写真:Getty Images】
メドベージェワ(左)とトゥクタミシェワ【写真:Getty Images】

25日発表も2日後に一転、「審議時間の不足」が事態の背景に…

 ロシアスケート連盟は27日、3月のフィギュアスケート世界選手権(埼玉)の女子代表3選手を発表。アリーナ・ザギトワ、ソフィア・サモドゥロワ、エフゲニア・メドベージェワに決まった。エリザベータ・トゥクタミシェワに加え、25日に一度は代表選手として発表されていたスタスラニワ・コンスタンチノワが補欠となった。最後はコーチ評議会の投票の結果、一転した決着に。しかし、一連の選出を巡ってはロシア国内で波紋を呼び、騒動となっていた。いったいなぜ、今回の代表発表は揺れたのか――。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 当初、発表されていたメンバーはザギトワ、サモドゥロワ、コンスタンチノワの3人。1月の欧州選手権と変わらないメンバーだった。だが、選考材料となる直前のロシア杯ファイナルで最後の1枠を争っていたメドベージェワが優勝、トゥクタミシェワが2位、コンスタンチノワは4位に終わり、有力となったのは上位の2人。そのため、選考結果が波紋を呼ぶことになった。ロシアメディア「360tv.ru」は「世界選手権のロシア代表メンバー発表がカオスに姿を変えた。ファンたちは憤慨している」と特集していた。

 今後変更の可能性はあるとされていたが、メドベージェワ、トゥクタミシェワは補欠のまま調整を続けることに。ロシア連盟はファンの非難に晒され、国内の混乱を受け、ロシア連盟のゼネラルディレクター、アレクサンドル・コーガン氏がエントリーした5人は代表・補欠を区別していないという主旨の説明を「Sport24」に対して行ったという。こうした問題の背景にあったのは「審議時間の不足」だ。複数のロシアメディアはアレクサンドル・ゴルシコフ会長のメンバー発表の際のコメントをこう紹介していた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集