[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

パッキャオがメイウェザーの天心戦に現実的評価「彼の相手は経験のない若者だった」

格闘技イベント「RIZIN.14」(さいたまスーパーアリーナ)でキックボクシングの那須川天心(TARGET)を139秒TKOで下したボクシングの元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)。15年5月に「世紀の一戦」としてメイウェザーと戦い、敗れていた6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)は今回の一戦について口を開き、現実的な評価を下したという。米メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

マニー・パッキャオ【写真:Getty Images】
マニー・パッキャオ【写真:Getty Images】

ツイッター発言で波紋を呼んだパッキャオがメイウェザー戦に口開く

 格闘技イベント「RIZIN.14」(さいたまスーパーアリーナ)でキックボクシングの那須川天心(TARGET)を139秒TKOで下したボクシングの元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)。15年5月に「世紀の一戦」としてメイウェザーと戦い、敗れていた6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)は今回の一戦について口を開き、現実的な評価を下したという。米メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 大晦日のリングで実力健在を示した50戦全勝で5階級制覇王者のメイウェザー。15年に「世紀の一戦」として戦っていた英雄パッキャオは那須川戦後、ツイッターでこんな投稿をしていた。

「これが一足早い新年の誓い。自分と同じサイズ、もしくは体格が上で、経験を持つ相手とのみ戦い続ける」

 宿敵を名指しこそしていなかったが、5キロ以上の体重差があり、ボクシングマッチ初だった那須川と拳を交えたメイウェザーを標的にしたことは明らか。米メディアなども「パッキャオがメイウェザーを攻撃」と一斉に報じ、波紋を呼んだ。

 WBA世界ウエルター級王者のパッキャオは19日に元4階級王者のエイドリアン・ブローナー(米国)とのタイトルマッチを控える中、報道陣に対応し、改めてメイウェザー戦について質問を受け、こう語ったという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集