[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小林陵侑、史上3人目の完全Vに欧州絶賛の嵐「衝撃的ジャンプ」「歴史作り出した」

ノルディックスキーのジャンプ週間最終戦(ビショフスホーフェン)は6日、ワールドカップ(W杯)男子個人第11戦を兼ねて行われ、小林陵侑(土屋ホーム)が優勝。史上3人目となる4戦全勝のジャンプ週間総合Vを達成した。22歳が果たした歴史的快挙を欧州メディアも「歴史を作り出した」と称賛している。

史上3人目となる4戦全勝のジャンプ週間総合Vを達成した小林陵侑【写真:Getty Images】
史上3人目となる4戦全勝のジャンプ週間総合Vを達成した小林陵侑【写真:Getty Images】

グランドスラム達成の快挙に続々称賛「日本人は度胸を見せつけた」

 ノルディックスキーのジャンプ週間最終戦(ビショフスホーフェン)は6日、ワールドカップ(W杯)男子個人第11戦を兼ねて行われ、小林陵侑(土屋ホーム)が優勝。史上3人目となる4戦全勝のジャンプ週間総合Vを達成した。22歳が果たした歴史的快挙を欧州メディアも「歴史を作り出した」と称賛している。

【特集】歴史を作った“侍パドラー”がカヌーに捧げた人生「もっと広まって欲しい」 / カヌー・羽根田卓也選手インタビュー(GROWINGへ)

 ジャンプ史に「Ryoyu Kobayashi」の名前を刻む偉業だった。衛星放送「ユーロスポーツ」オーストリア版は「リョウユウ・コバヤシがフォーヒルズ(ジャンプ週間)でグランドスラムを達成し、歴史を作り出す」と特集した。

 記事では「コバヤシはオーベルストドルフ、ガルミッシュパルテンキルヘン、インスブルックの大会を制し、この大会に臨んだ。そして、どの大会でも余裕でグループ最高のジャンパーのようだった。驚きもなく、彼がグランドスラムを達成するという話題を呼んでいた」と報じ、開幕前から優勝候補の大本命だったことを紹介している。

 そして、137.5メートルを飛んだ2回目のジャンプについて「日本人は度胸を見せつけた。彼は衝撃的なジャンプで首位へと唸りを上げて進んだ」と絶賛している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
BNPパリバ・オープン、ダゾーン独占中継
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集