[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

トゥクタミシェワ、世界選手権へ後押し!? コーチ明言「準備するよう依頼受けた」

フィギュアスケートのロシア選手権は優勝した14歳アンナ・シェルバコワ以下、驚異のジュニア勢が表彰台を独占。この結果を受け、同国スケート連盟は欧州選手権(1月・ベラルーシ)の代表を発表。シニア最上位4位のスタニスラワ・コンタンティノワ、5位のアリーナ・ザギトワ、6位のソフィア・サモドゥロワを選んだ。一方で、世界選手権(3月・埼玉)の代表に関しては未定。誰を選考するかについて、ロシアでは様々な声が上がっているという。

エリザベータ・トゥクタミシェワ【写真:Getty Images】
エリザベータ・トゥクタミシェワ【写真:Getty Images】

世界選手権の代表の座を巡ってロシア国内では様々な声が

 フィギュアスケートのロシア選手権は優勝した14歳アンナ・シェルバコワ以下、驚異のジュニア勢が表彰台を独占。この結果を受け、同国スケート連盟は欧州選手権(1月・ベラルーシ)の代表を発表。シニア最上位4位のスタニスラワ・コンタンティノワ、5位のアリーナ・ザギトワ、6位のソフィア・サモドゥロワを選んだ。一方で、世界選手権(3月・埼玉)の代表に関しては未定。誰を選考するかについて、ロシアでは様々な声が上がっているという。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 欧州選手権の代表には3人が決定。肺炎のためロシア選手権を欠場したエリザベータ・トゥクタミシェワ、同7位となったエフゲニア・メドベージェワの2人が補欠となっている。一方で世界選手権の代表の座を巡っては、ロシア国内で様々な報道がなされている。

 ロシアメディア「R-sport」は、トゥクタミシェワのコーチを務める、アレクセイ・ミーシン氏の「連盟は私に世界選手権に向けてトゥクタミシェワを準備するように依頼した」というコメントを見出しに記事を展開している。

 記事では「ロシアの功労コーチ、アレクセイ・ミーシン氏が、ロシアフィギュアスケート連盟が世界選手権に向けて彼にエリザベータ・トゥクタミシェワを準備するように依頼したと述べた」とつづり、ミーシン氏のコメントを紹介した。

「連盟は私にリーザ(トゥクタミシェワの愛称)を世界選手権に向けて準備するように依頼した」と語ったという。

 トゥクタミシェワは今季GPシリーズのスケートカナダで復活V。GPファイナルでも3位に入ったが、国内選手権は肺炎のため欠場していた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集