[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「最悪の主審だ」 戦意喪失後の“遅すぎるKO”に海外ファンも騒然「これは酷いよ」

海外ファン騒然「明らかに戦いに復帰しようとしてない」

 海外メディアは「残酷な遅さのストップ」「疑問の判定に怒りの反応」などと続々と報じていたが、LFAを中継する米放送局「AXS TV」格闘技版公式ツイッターは「大変だ! LFA56のタイトル獲得へ、ハンデを克服したオースティン・ハバードの輝かしい活躍の終わりに、なんと無茶苦茶な」とつづり、動画付きで公開。実際の様子を目の当たりにした海外ファンも騒然としている。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

「レフェリーは二度とMMAの試合を主審すべきでない」
「不必要な打撃」
「これはおかしいよ」
「レフェリーがただ見ているだけ?」
「これは恥ずかしいことだ」
「眠かったんじゃないかな」
「ファイトだって? 私にはファイトに見えない…ただ男が床ですくんでいるのが見えるだけだ」
「これは酷いよ」
「なんてこった。多くはブロックしているけど、明らかに戦いに復帰しようとしてないよ、明らかにだ」
「今まで見てきたレフェリーで最悪だ」

 このようにコメントが相次ぎ、主審に対する批判的な声が圧倒的。総合格闘技は主審のストップのタイミングに難しさはあるが、今回ばかりは“遅すぎるKO”を擁護することは難しかったようだ。

(THE ANSWER編集部)




1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集