[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桃田、奥原にインターハイ王者が挑戦 世界王者の力に驚く「思った以上に差あった」

目の前に世界王者が立つ。日本の高校王者は、夢の対決に果敢に挑んだ。全日本総合バドミントン選手権大会は29日に、駒沢体育館で2回戦を行い、男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)と、女子シングルスの奥原希望(日本ユニシス)は、ともに初対戦となった今夏のインターハイを制した高校王者を破って翌30日の3回戦に駒を進めた。

桃田は高校王者を破って3回戦に駒を進めた【写真:平野貴也】
桃田は高校王者を破って3回戦に駒を進めた【写真:平野貴也】

高校男女王者が挑戦も完敗、緑川大輝「高校生とは比にならない」

 目の前に世界王者が立つ。日本の高校王者は、夢の対決に果敢に挑んだ。全日本総合バドミントン選手権大会は29日に、駒沢体育館で2回戦を行い、男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)と、女子シングルスの奥原希望(日本ユニシス)は、ともに初対戦となった今夏のインターハイを制した高校王者を破って翌30日の3回戦に駒を進めた。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 今夏の世界選手権で初優勝した桃田に挑んだのは、インターハイで3冠制覇(団体、シングルス、ダブルス)を果たした緑川大輝(埼玉栄高)。序盤は、相手コート奥へのクリアで得点を稼いだが、徐々に桃田の上からのショットに押し込まれ、ストレートで敗れた。緑川は「当たって砕けろじゃないけど、持っている物をぶつけることだけ意識した。(世界王者との対戦は)最初で最後だと思う。相手は、上からのショットも本気ではなく、こっちに合わせてくれていたと思う。通用したところ? ないです(笑)。相手はタッチが早く、一球一球の精度が高い。こっちが攻めている場面でも、逆に追い込まれた。高校生とは比にならない。思った以上に差があった」と技術の違いに驚いていた。

 勝った桃田は「自分が(憧れた)リー・チョンウェイ選手(マレーシア)やリン・ダン選手(中国)と試合をしたときは、感じることや学ぶことが多かった。自分もそういう影響を与えられたらという気持ちはあったけど、あまり余裕がなくて勝ちに徹してしまった」と苦笑い。それでも「相手のショットがぐんと伸びる。アウトになると思って見逃した球が入った。あんな球を打てれば自分も3冠が取れたのかな」と話し、次世代選手を称えた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集